書籍カテゴリー:辞典/用語集

ポケット英和医学用語・略語辞典
立ち読み

在庫状況:在庫あり

ポケット英和医学用語・略語辞典

第20版

  • 「ポケット英和医学用語・略語辞典」編集委員会 編

定価:1,080円(本体1,000円+税8%)

  • A6変型判 349頁
  • 2018年1月 発行
  • ISBN978-4-525-01230-4

概要

医療現場から生まれた 便利な小辞典

カルテ,検査依頼書,報告書など日常業務で頻繁に使用される用語と略語を収載.医療現場での用語理解の必要性から生まれたポケットサイズの辞典.毎改訂で新用語を追加,充実させている.英和編 約4,500語,略語編 約2,300語収載.

序文

本医学用語・略語辞典は,九州大学病院の診療放射線技師の業務において,カルテの内容,検査の目的やその結果を記したレポートを理解するために,当院で使用されている略語や用語を知ることの必要性により企画された.特に略語については,当時なかなか調べることが難しく,数種類の略語辞典なども発刊されていたものの,用語を調べるには十分なものがなかったことを記憶している.

そこで,故 廣渡 諭 氏をリーダーとして,用語・略語集を作成することとなった.最初はカルテ,各モダリティの申込書やレポートから一語一語抽出し,リーダーの「継続は力なり」をモットーに,1980年代にスタートし,1999年に上梓され,30年を超える年月を経て,第20版での用語数は約4,500項目,略語約2,300項目を掲載するまでになった.現在では,本書は,診療放射線技師のみならず,コメディカルスタッフや医療関係の教育機関で多数使用されるまでになった.

高度化する医療の中で,コメディカルスタッフの役割を果たすための一助となるツールとして,本書が役に立てば幸いである.なお,今後も新しい検査法や治療法などの進歩が予想されるため,それらに常に対応していけるものとして改訂していきたいと考える.

最後に,編集にかかわった九州大学病院放射線部門の診療放射線技師スタッフ,南山堂の方々に感謝いたします.

2018年1月
九州大学病院医療技術部放射線部門
技師長 梅津芳幸