書籍カテゴリー:病理学

この商品の画像はありません

在庫状況:絶版

※「病態病理学」と改題し、改訂されました

新病理学総論
改訂16版

第16版

  • 札幌医科大学教授 菊地浩吉 編
  • 北海道大学教授 吉木 敬 編

定価:11,880円(本体11,000円+税8%)

  • 四六倍判 714頁
  • 1998年 発行
  • ISBN978-4-525-15036-5
  • ISBN4-525-15036-X

概要

伝統と実績を誇る,わが国で最もスタンダードな病理学教科書.病理学は,昨今の細胞生物学,免疫学,遺伝学,特に分子病理学の進歩により大きく変貌してきた.本書はこのような学問の流れを的確にとらえ,最新の情報を盛り込み大幅に書き改めた.疾患のメカニズム,分子模型等わかりやすいシェーマを工夫するなど,親しまれるよう心掛けた.

目次

序  論
  I.病理学の歴史
  II.現代病理学の確立と発展
  III.病理学の医学における位置づけ
  IV.病理学の将来
1 細胞とその基本病変
2 細胞傷害と代謝障害
 A.細胞傷害
  I.細胞傷害と細胞の死
  II.死と死後変化
 B.代謝障害
  I.蛋白質および核酸代謝障害
  II.脂質代謝障害
  III.糖質代謝障害
  IV.無機質代謝障害
  V.色素代謝障害
 C.萎 縮
  I.萎縮の所見
  II.萎縮の種類
3 増殖と修復
 A.細胞の増殖と分化
 B.肥大と増生
 C.化生と分化異常
 D.再 生
 E.肉芽組織と器質化
4 遺伝子異常と疾患
 A.遺伝子異常と疾患 総論
  I.遺伝の基本概念
  II.遺伝性疾患
  III.遺伝性疾患の診断
  IV.遺伝性疾患の予防と治療
 B.遺伝子異常と疾患 各論
5 環境と疾患,栄養障害
  I.大気汚染
  II.化学物質・薬物による障害
  III.物理的原因による障害
  IV.栄養障害
6 内分泌障害
  I.ホルモンの働き
  II.ホルモンの合成と分泌
  III.ホルモンレセプター
  IV.ホルモン作用のメカニズム
  V.フィードバック
  VI.ホルモンと神経系
  VII.内分泌系の疾患
7 循環障害
 A.充血とうっ血
 B.虚血(乏血)
 C.出 血
  I.正常の止血
  II.止血系の異常
  III.出血の種類
 D.血栓症
  I.血栓形成の条件
  II.血栓の性状と形成過程
  III.血栓の二次的変化と転帰
  IV.DIC(播種性血管内凝固)
 E.塞栓症
  I.塞栓の運ばれる経路と塞栓症の発生部位
  II.塞栓の種類
  III.塞栓症の結果
 F.梗 塞
 G.水および電解質代謝異常
  I.水腫
  II.脱水症
 H.ショック
 I.高血圧と低血圧
  I.高血圧
  II.低血圧
8 免疫反応と免疫異常
 A.免疫反応
 B.感染防御免疫
 C.アレルギー
  I.I型アレルギー,アナフィラキシー反応
  II.II型アレルギー,細胞傷害型反応
  III.III型アレルギー,免疫複合体病
  IV.IV型遅延型反応,細胞性免疫
 D.自己免疫疾患とその類似疾患
  I.自己免疫疾患の概念
  II.自己寛容の成立機序
  III.自己免疫疾患の病因
  IV.各種の自己免疫疾患
 E.免疫不全症候群
  I.原発性免疫不全症候群
  II.続発性免疫不全症候群
     エイズ
 F.免疫細胞増殖症候群
  I.免疫細胞増殖と細胞表面抗原
  II.染色体異常と癌遺伝子と免疫細胞増殖
  III.免疫増殖症候群とアポトーシス
  IV.免疫増殖症候群とウイルス
 G.主要組織適合性と移植・疾患感受性
  I.マウスの主要組織適合系
  II.ヒトの主要組織適合系
  III.HLAと臓器移植
  IV.HLAと疾患感受性
  V.HLAと人類学
 H.免疫異常と多臓器不全症候群
9 炎  症
  I.炎症とは
  II.炎症性疾患とは
  III.炎症性疾患の名称
  IV.炎症の歴史的展望
  V.炎症の原因
  VI.炎症に対する宿主要因
  VII.炎症に関与する細胞
  VIII.炎症の分類
  IX.急性炎と滲出炎
  X.急性炎の組織変化
  XI.慢性炎と増殖炎
  XII.慢性炎の組織変化
  XIII.炎症の全身への影響
10 感 染 症
 A.感染症 総論
 B.感染症 各論
  I.細菌感染による疾患
  II.真菌症
  III.マイコプラズマ感染症
  IV.スピロヘータ感染症
  V.リケッチアによる疾患
  VI.クラミジア感染症
  VII.ウイルス感染症
  VIII.感染症と考えられる肉芽腫性疾患
  IX.プリオン病
11 寄生虫病
 A.原虫類
  I.根足虫類
  II.鞭毛虫類
  III.胞子虫類
  IV.有毛虫類
  V.分類上位置不明のもの
 B.蠕虫類
  A)線形動物(線虫類)
  B)扁形動物
  I.吸虫類
  II.条虫類
 C.節足動物
  I.ダニ類
  II.昆虫類
12 新生児,小児の病理
  I.周産期・新生児期・乳児期における死亡原因とその動向
  II.低出生体重児
  III.分娩時障害
  IV.周産期および小児における免疫能の発達と感染防御
  V.感染症
  VI.呼吸器系疾患
  VII.消化器系疾患
  VIII.新生児の血液疾患
  IX.新生児の黄疸および小児の肝疾患
  X.小児の内分泌系疾患
  XI.小児の腫瘍
13 老化と疾患
  I.老化学説
  II.個体の老化
  III.加齢による生体成分の変化
  IV.主要臓器の加齢変化
14 腫  瘍
 A.腫瘍総論
  I.腫瘍の概念と定義
  II.腫瘍の一般的性状による分類と命名
  III.腫瘍の形態
  IV.腫瘍細胞の特徴
  V.腫瘍細胞の生化学
  VI.腫瘍の発生,増殖,転移
  VII.腫瘍と宿主との関係
  VIII.腫瘍の疫学
  IX.腫瘍発生の原因
  X.腫瘍の生物学的性状
  XI.腫瘍の分類
 B.腫瘍各論
  A)上皮性腫瘍
  I.良性上皮性腫瘍
  II.悪性上皮性腫瘍(癌腫)
  B)非上皮性腫瘍
  I.骨組織の腫瘍および腫瘍様病変
  II.軟部組織の腫瘍および腫瘍様病変
  III.造血組織の腫瘍
  IV.メラニン産生組織の腫瘍
  V.神経組織の腫瘍
  C)混合腫瘍
  I.間葉性混合腫瘍
  II.類臓器性混合腫瘍
  III.奇形腫、胚細胞性腫瘍
15 奇  形
  I.先天異常と奇形
  II.奇形の原因
  III.奇形の成り立ち方(形成原因)
  IV.奇形の出生前診断
  V.奇形の各型