書籍カテゴリー:内科学一般|教養課程の医学教科書

なるほどなっとく!内科学
立ち読み

在庫状況:在庫あり

なるほどなっとく!内科学

1版

  • 西南女学院大学 教授 浅野嘉延 編

定価:6,480円(本体6,000円+税8%)

  • B5判 609頁
  • 2016年12月 発行
  • ISBN978-4-525-20721-2

概要

医療専門職を目指す学生が「内科学」の知識を習得するための最適な教科書!

医療専門職を目指す学生が「内科学」の知識を習得するための最適な教科書!第1章では内科診療の基本を学び,2章以降は,臓器別の分野ごとに,解剖生理・症候・検査・治療の概要や,その分野の主な疾患の病態をわかりやすく学べる.広範な内科学の知識を学ぶため,実際の医療現場で必要な内容にポイントを絞った,カラー刷でコンパクトな一冊.

序文

 現在の医療現場では,複数の専門職のスタッフが連携して一人の患者さんの診療にあたっています.それぞれの専門職が患者情報を共有して,お互いに診療経過をフィードバックすることがチーム医療の基本です.そのためには,共通言語として基本的な医学・医療の知識が不可欠であり,「内科学」の理解はその基盤となります.
 本書は,医師とともにチーム医療を支える看護師,理学療法士,作業療法士,言語聴覚士,臨床検査技師,診療放射線技師,臨床工学技士,薬剤師,管理栄養士,社会福祉士などすべての医療専門職を対象に,内科診療の基本や内科疾患の病態について解説した教科書です.実際の医療現場で必要な内容にポイントを絞ったコンパクトな一冊となるように心がけました.
 第1章の総論では,内科診療の一般について,それぞれの専門職の役割や責務を含めて,基本的な姿勢と診断・治療の実際を解説しました.患者さんを診療する際の心構えや注意事項は,診療科や職種を問わず,すべての医療スタッフに共通するものと思われます.また,主な症候に関して,検査室やリハビリ室で注意すべきことを含めて,臨床現場で必要な内容を簡潔にまとめました.
 第2章以降の主要な内科疾患を解説した各論は,2017年に南山堂より出版を予定している
『看護のための臨床病態学(改訂3版)』の内容を先取りし再編集したものです.『看護のための臨床病態学』は,看護学生に必要な知識を過不足なく解説した病態学の成書として高い評価を頂戴し,多くの看護系教育機関の教科書として採用されています.本書では,ここから内科系疾患を中心に抜粋し,職種を超えて必要な内容をわかりやすく解説しています.また,巻末には,主要検査項目の基準値一覧や欧文略語一覧を掲載するなど利便性を高めています.
 職種を問わず医療専門職を目指す学生さんが「内科学」の知識を習得するために,医療現場で働いているスタッフが知識を整理するために,本書は最適な指南書になるものと自負しています.皆さまが,本書を活用して内科診療の実践力を身に付け,責任を持ってチーム医療を牽引していくことを願っています.
 最後に,本書の企画から出版を御支援してくださいました南山堂編集部の石井裕之氏に深謝いたします.

2016年11月
浅野嘉延

目次

第1章 内科診療の実際
1.診療の基本
  A 全人的な医療
  B チーム医療
  C 倫理的配慮と個人情報保護
  D 医療安全管理
  E EBM(根拠に基づいた医療)
  F 診療録
2.診断と治療
  A 医療面接
  B 身体診察
  C 検 査
  D 治 療
3.主な症候

第2章 呼吸器疾患
1.解剖と生理
2.症 候
3.検査と治療
4.主な疾患
 Ⅰ 呼吸器感染症
  A 肺 炎
  B 肺結核
  C 肺真菌症
 Ⅱ アレルギー・免疫疾患
  A 気管支喘息
  B サルコイドーシス
  C その他のアレルギー・免疫疾患
 Ⅲ 慢性閉塞性肺疾患
 Ⅳ 間質性肺疾患
  A 特発性間質性肺炎
  B 塵肺症
 Ⅴ 気道系疾患
  A 気管支拡張症
 B  無気肺
 Ⅵ 肺腫瘍
  A 原発性肺癌
 Ⅶ 肺循環疾患
  A 肺血栓塞栓症/肺梗塞
  B 肺水腫
 Ⅷ 換気異常
  A 過換気症候群
  B 睡眠時無呼吸症候群
 Ⅸ 呼吸不全
 Ⅹ 胸膜疾患
  A 気 胸
  B 胸膜中皮腫
 ? 縦隔疾患
  A 縦隔腫瘍

第3章 循環器疾患
1.解剖と生理
2.症 候
3.検査と治療
4.主な疾患
 Ⅰ 心不全
 Ⅱ 不整脈
 Ⅲ 虚血性心疾患
  A 狭心症
  B 急性心筋梗塞
 Ⅳ 心筋疾患
  A 拡張型心筋症
  B 肥大型心筋症
  C 心筋炎
  D 心膜炎
  E 感染性心内膜炎
 Ⅴ 心臓弁膜症
  A 僧帽弁膜症
  B 大動脈弁膜症
 Ⅵ 先天性心疾患
  A 心室中隔欠損症
  B 心房中隔欠損症
  C 動脈管開存症
  D ファロー四徴症
  E 完全大血管転位症
 Ⅶ 高血圧症
  A 本態性高血圧
  B 二次性高血圧
 Ⅷ 動脈硬化
 Ⅸ 動脈疾患
  A 大動脈瘤
  B 大動脈解離(解離性大動脈瘤)
  C 高安動脈炎
  D 末梢動脈疾患
 Ⅹ 静脈疾患
  A 静脈瘤
  B 血栓性静脈炎

第4章 消化管疾患
1.解剖と生理
2.症 候
3.検査と治療
4.主な疾患
 Ⅰ 食道の疾患
  A 胃食道逆流症
  B 食道裂孔ヘルニア
  C 食道アカラシア
  D 食道静脈瘤
  E マロリー・ワイス症候群
  F 食道癌
 Ⅱ 胃・十二指腸の疾患
  A 急性胃炎/急性胃粘膜病変
  B 胃アニサキス症
  C 慢性胃炎
  D 胃ポリープ
  E 消化性潰瘍(胃潰瘍/十二指腸潰瘍)
  F 胃 癌
  G 胃切除後症候群
 Ⅲ 大腸の疾患
  A 薬剤性大腸炎
  B 潰瘍性大腸炎
  C クローン病
  D 虚血性大腸炎
  E 大腸ポリープ
  F 消化管ポリポーシス
  G 大腸癌
  H 過敏性腸症候群
  I 虫垂炎
  J 腸閉塞(イレウス)
 Ⅳ 肛門の疾患
  A 痔 核
  B 肛門周囲膿瘍/痔瘻

第5章 肝・胆・膵疾患
1.解剖と生理
2.症 候
3.検査と治療
4.主な疾患
 Ⅰ 肝臓疾患
  A 急性ウイルス性肝炎
  B 慢性ウイルス性肝炎
  C 肝硬変
  D 肝臓癌
  E アルコール性肝障害
  F 代謝性肝疾患・非アルコール性脂肪性肝炎
  G 薬剤性肝障害
  H 門脈圧亢進症
 Ⅱ 胆道疾患
  A 胆石症
  B 胆道感染症
  C 胆嚢ポリープ
  D 胆道腫瘍
 Ⅲ 膵疾患
  A 急性膵炎
  B 慢性膵炎
  C 膵腫瘍

第6章 代謝性疾患
1.解剖と生理
2.症 候
3.検査と治療
4.主な疾患
  A 糖尿病
  B 低血糖症
  C 肥満(症)
  D メタボリックシンドローム
  E 脂質異常症(高脂血症)
  F 痛風/高尿酸血症
  G ビタミン欠乏症・過剰症
  H 骨粗鬆症

第7章 内分泌疾患
1.解剖と生理
2.症 候
3.検査と治療
4.主な疾患
 Ⅰ 視床下部・下垂体疾患
  A 視床下部腫瘍
  B 下垂体腫瘍
  C 下垂体〔前葉〕機能低下症
  D バソプレシン分泌過剰症(抗利尿ホルモン不適合分泌症候群)
  E バソプレシン分泌低下症(尿崩症)
 Ⅱ 甲状腺疾患
  A 甲状腺機能亢進症
  B 甲状腺機能低下症/慢性甲状腺炎
  C 甲状腺腫瘍
 Ⅲ 副甲状腺疾患
  A 副甲状腺機能亢進症
  B 副甲状腺機能低下症
 Ⅳ 副腎疾患
  A クッシング症候群
  B 原発性アルドステロン症
  C 先天性副腎皮質過形成症
  D 褐色細胞腫
  E アジソン病

第8章 腎・泌尿器疾患
1.解剖と生理
2.症 候
3.検査と治療
4.主な疾患
 Ⅰ 慢性腎臓病
 Ⅱ 糸球体腎炎(原発性腎疾患)
  A 急性糸球体腎炎(急性腎炎)
  B 急速進行性糸球体腎炎
  C 慢性糸球体腎炎(潜在型/進行型)
  D ネフローゼ症候群
 Ⅲ 続発性腎疾患
  A 糖尿病腎症
  B 痛風腎
  C 腎硬化症
 Ⅳ 腎・泌尿器感染症
  A 腎盂炎(腎盂腎炎)
 Ⅴ 泌尿器科疾患
  A 尿路結石症
  B 前立腺肥大症1
  C 前立腺癌
  D 腎細胞癌
  E 精巣腫瘍
 Ⅵ 腎不全
  A 急性腎障害
  B 慢性腎不全
 
第9章 脳・神経疾患
1.解剖と生理
2.症 候
3.検査と治療
4.主な疾患
 Ⅰ 脳血管障害(脳卒中)
  A 脳血栓症
  B 脳塞栓症
  C 脳出血
  D クモ膜下出血
  E 慢性硬膜下血腫
  F 脳血管性認知症
 Ⅱ 神経変性疾患
  A パーキンソン病
  B 脊髄小脳変性症/脊髄小脳失調症
  C アルツハイマー病
  D 筋萎縮性側索硬化症
 Ⅲ 中枢神経の脱髄性疾患
  A 多発性硬化症
 Ⅳ 末梢神経疾患
  A ギラン・バレー症候群
 Ⅴ 神経・筋接合部疾患
  A 重症筋無力症
 Ⅵ 筋疾患
  A デュシェンヌ型筋ジストロフィー
 Ⅶ 神経系の感染症
  A 髄膜炎
  B 単純ヘルペス脳炎
  C プリオン病(クロイツフェルト・ヤコブ病)
 Ⅷ 機能性疾患
  A てんかん
  B 片頭痛
 Ⅸ 神経系の腫瘍
  A 脳腫瘍
  B 髄膜腫
 
第10章 血液疾患
1.解剖と生理
2.症 候
3.検査と治療
4.主な疾患
 Ⅰ 赤血球の疾患
  A 鉄欠乏性貧血
  B 巨赤芽球性貧血
  C 再生不良性貧血
  D 溶血性貧血
 Ⅱ 白血球の疾患
  A 急性白血病
  B 骨髄異形成症候群
  C 慢性骨髄性白血病
  D 悪性リンパ腫
  E 多発性骨髄腫
 Ⅲ 出血性疾患
  A 特発性血小板減少性紫斑病
  B 血栓性血小板減少性紫斑病
  C 血友病
  D 播種性血管内凝固症候群

第11章 膠原病・アレルギー疾患
1.解剖と生理
2.症 候
3.検査と治療
4.主な疾患
 Ⅰ 膠原病
  A 関節リウマチ
  B 全身性エリテマトーデス
  C 多発性筋炎/皮膚筋炎
  D 全身性強皮症
  E 混合性結合組織病
  F 血管炎症候群
  G シェーグレン症候群
  H リウマチ性多発筋痛症
  I 成人スチル病
  J 抗リン脂質抗体症候群
 Ⅱ 膠原病と同様の全身性炎症性疾患
  A ベーチェット病
 Ⅲ 膠原病に関連した疾患
  A アミロイドーシス
 Ⅳ アレルギー性疾患
  A 薬物アレルギー
  B アナフィラキシー
  C 花粉症

第12章 感染症
1.解剖と生理
2.症 候
3.検査と治療
4.主な疾患
 Ⅰ 細菌性疾患
  A マイコプラズマ肺炎
  B 食中毒
  C 腸管出血性大腸菌感染症
 Ⅱ 真菌性疾患
  A カンジダ症
 Ⅲ ウイルス性疾患
  A 麻 疹
  B 風 疹
  C 流行性耳下腺炎(ムンプス)
  D 水痘/帯状疱疹
  E ノロウイルス感染症
  F インフルエンザ
  G 後天性免疫不全症候群


主な検査の代表的な基準値
本書で用いた略語一覧
索 引