書籍カテゴリー:医学教育学|医学・医療一般

基本的臨床技能の学び方・教え方

在庫状況:在庫あり

基本的臨床技能の学び方・教え方
Essential minimumとOSCE

1版

  • 日本医学教育学会臨床能力教育ワーキンググループ 編

定価:3,300円(本体3,000円+税10%)

  • B5判 208頁
  • 2002年4月 発行
  • ISBN978-4-525-21171-4
  • ISBN4-525-21171-7

概要

医学生・研修医が将来どの専門科にすすむにせよ,必ず習得すべき臨床技能の中でも,特に医療面接,身体診察法に焦点を当て,その学び方を伝えることを主眼に編集された.
また,習得度の評価として急速に浸透しつつある,客観的臨床能力試験(OSCE)の具体的な実施方法についても,詳細に記載されている.教育する側,される側,双方にとり必読の書といえよう.

目次

.基本的臨床能力の学び方
A. 医療面接
A-1.医療面接の基本に横たわる人間観ある行き違い
  知識学習と体験学習
  態度について
  医療における人間関係の3つの側面
  現場で−感情と意図,実際の行動
  態度学習
  人間観について
  3つの「人間観」
A−2.医療面接の実習アニュアル
1.コミュニケーション技法
1-1.コミュニケーションとは
1-2.コミュニケーションを障害するもの
1-3.良好なコミュニケーションが必要な理由
1-4.良好なコミュニケーションをもつためにはどうすればよいか
1-5.良好なコミュニケーションの効果とは
1-6.共感的理解の態度を示すには
1-7.質問のしかた
1-8.専門語の濫用
1-9.言語以外のコミュニケーションの重要性
2.医療面接技法
2-1.医療面接とは何か
2-2.医療面接を始める前に−診察室の環境
2-3.上手な医療面接のための8ステップ
2-4.収集すべき情報の種類
2-5.問題患者への対応法
B.基本的身体診察法
B−1.バイタル・サインの診察
1. 脈拍:触診
2. 呼吸
3. 血圧(上肢)
4. 血圧(下肢)
5. 体温
B−2.四肢の診察
上肢の診察
1.視診
2.各関節の関節可動域
3.リンパ節の診察
下肢の診察
1. 視診
2. 下肢の浮腫の診察
3. 下肢の循環の診かた
4. 鼠径リンパ節の診察
5. 各関節の関節可動域
B−3.頭頸部の診察
1. 頭部
2. 眼部
3. 耳部
4. 鼻部
5. 口部および咽頭
6. 頸部
6-1.リンパ節の診察
6-2.甲状腺の診察
6-3.頸動脈
B−4.胸部の診察
1.前胸部
2.後胸部
B−5.心臓の診察
1.仰臥位
2.左側臥位45°
3.半坐位
B−6.腹部の診察
1. 視 診
2. 聴 診
3. 打 診
4. 触 診
C.基本的臨床検査技能
  C−1.採血と検体採取
  C−2.顕微鏡操作
  C−3.尿検査
  C−4.グラム染色
  C−5.血液型判定
  C−6.十二誘導心電図

.客観的臨床能力試験(OSCE)
A.趣旨および実施法
A-1.OSCEとは
A-2.OSCEの具体的な実施の仕方
B.課題例と評価の要点
   OSCE実施時期
   評価表
   評価マニュアル
   課題例と評価表・評価マニュアル
    医療面接
    脈拍・血圧測定
    腹部診察
    脳神経診察
    外科的基本手技(縫合と抜糸)
    採血と検体処理
    顕微鏡操作
    尿検査

.基本的臨床能力の教え方
A.教育の目標と進め方
1. 教育目標
2. 学習方略
3. 教育評価
B.教育法の具体例と評価
1. カリキュラムの改革
2. カリキュラムの実際
3. 実際の教育資材
4. 基本的臨床能力の評価
5. カリキュラム改革を成功させるために
別表:基本的臨床技能習得のための実習カリキュラム
C.医療面接の教育法〜ロールプレイの進め方を中心に
1.ロールプレイとは
2.コミュニケーション教育からの導入
3.ロールプレイの種類と順次性
4. オリエンテーションとアイスブレイクなど
5. 状況(参加者・指導者・部屋・機器・SP)に応じた設定
6. ロールプレイによる学習の利点と欠点
7. 基本的な教材や時間配分と手順の説明
8. 事例設定
9. 指導に関する配慮
10.演技に関する注意
11.観察する際の注意点
12.振り返りの手順と指針
D.身体診察法の教育法
1.「身体診察法の教育」重要性について
2.「身体診察法」の目標設定
3.「身体診察法の教育」の方略
4.身体診察法の教育評価
E.模擬患者/標準模擬患者(SP)の養成と導入
1. SPとは何か
2. SPに求められる資質
3. シナリオ
4. トレーニング
5. フィードバック
6. SPのリクルートメント
7. 謝 礼
資料1:大阪SP研究会シナリオ一覧表
資料2:95年度OSCEトライアルの事例設定マニュアル
資料3:SPのフィードバック用ガイドライン
資料4:SPシュミレーション・チェック票

巻末資料
1. 海外のOSCEの実例
(1) ミネソタ大学のOSCEマップ
(2) ブラウン大学
(3) ニューメキシコ大学
2. 共用試験(臨床実習前に実施される)にOSCEとして適当なステーション
3. 学生用参考文献など