書籍カテゴリー:放射線医学/核医学

機能・代謝画像診断法と分子画像

在庫状況:在庫あり

機能・代謝画像診断法と分子画像

1版

  • 京都府立医科大学大学院 医学研究科教授 西村 恒彦 編

定価:10,260円(本体9,500円+税8%)

  • B5判 340頁
  • 2003年11月 発行
  • ISBN978-4-525-22621-3
  • ISBN4-525-22621-8

概要

最近の高速イメージング技術の発展に伴い,CT/MRは機能診断法として,核医学は核医学本来の代謝画像診断法へと変貌を遂げつつあります.このような機能・代謝画像診断法の重要性から,その原理,方法,現状,臨床適応,有用性と限界などについて分かりやすく解説しました.新しい治療法として,遺伝子治療などの展開が期待され,これらに見合う分子画像の動向に関しても触れました.

序文

従来,画像診断は主としてCT/MRなどによる形態診断法が中心であり,一方,核医学(SPECT/PET)は機能診断法として用いられてきました.しかし,最近の高速イメージング技術の発展によりCT/MRは機能診断法として,一方,核医学は新しいトレーサの開発とともに核医学本来の代謝画像診断法へと変貌を遂げつつあります.
このような新しい画像診断法の最近の進歩に関する特集を雑誌でよくみかけますが,その原理,方法,現状,臨床適応,有用性と問題点などについて分かりやすく解説され,かつ,まとまって書かれた成書は見当りません.本書はこのような機能・代謝画像診断法の重要性にかんがみ,当該分野の第一線で活躍されている先生方に執筆をお願いしたものであります.
このように種々のモダリティの専門家により熱意をもって完成された本書が,新しい機能・代謝画像診断法のバイブルとして今後使用されることを願っております.また,21世紀における新しい治療法として再生・遺伝子治療などの展開が期待されており,これらに見合う分子画像の動向に関しても最新の知見を紹介しています.
放射線科で画像診断に携わる医師のみならず,臨床各科の医師,研修医,放射線技師の方々に幅広く利用していただけることを願っています.とくに,21世紀の画像診断を担っていく若き放射線科医には「形態と機能・代謝」画像診断法の重要性を本書から学んでいただければ,著者らの望外の喜びであります.
最後に,出版に際し御尽力いただいた南山堂の八木洋様,吉村圭子様に感謝いたします.

平成15年10月 西村恒彦

目次

I.機能・代謝画像診断法と分子画像
 1.機能・代謝画像診断法
 2.分子画像

II.脳神経系における機能・代謝画像診断法
 1.カラードプラによる脳血流の評価
 2. CTによる脳灌流の評価
 3. MR脳灌流・拡散強調画像による脳障害の評価
 4.拡散テンソル画像によるfiber trackingの評価
 5.1H-MRSによる脳代謝の評価
 6. SPECTによる脳血流の評価
 7. PETによる脳血流・代謝の評価
 8. FDG-PETによる脳代謝の評価
 9. SPECT/PETによる神経伝達機能の評価
 10. functional MRIによる脳機能の評価
 11.  脳磁図(MEG)による脳機能の評価
 12.  光イメージングによる脳機能の評価

III.心大血管系における機能・代謝画像診断法
 1.心エコー・ドプラによる心機能の評価
 2.コントラスト・エコーによる心筋灌流の評価
 3. CTによる心筋灌流・心機能の評価
 4. MRIによる心筋灌流・心機能の評価
 5. Gated SPECTによる心筋灌流・心機能の評価
 6. MIBGによる心臓交感神経機能の評価
 7. BMIPPによる心筋代謝の評価
 8. FDG-PETによる心筋代謝の評価
 9.ドプラーフローワイアによる冠血流予備能の評価
 10.心筋PETによる冠血流予備能の評価
 11.超音波ドプラによる末梢循環の評価
 12.放射光および普及型X線源を用いた微小血管造影による再生血管の評価

IV.体幹部における機能・代謝画像診断法〔胸・腹部〕
 1. SPECTによる肺血流・換気の評価
 2. MRによる肺灌流の評価
 3. CTによる肝血流の定量的評価
 4.コントラスト・エコーによる肝血流の評価
 5. CTHA/CTAPによる肝血流の評価
 6. GSAによる肝受客体機能の評価
 7. MR造影剤による肝機能の評価
 8.dynamic MRCPによる膵外分泌機能の評価
 9.シネ MRIによる消化管運動の評価 〔骨盤部〕
 10.CTによる腎機能測定
 11.MAG3による腎機能(レノグラム)の評価
 12.dynamic MRによる前立腺血流の評価
 13.超音波ドプラによる前立腺血流の評価
 14. シネ MRによる子宮収縮能の評価 〔内分泌・骨〕
 15.センチネルリンパ節シンチグラフィによる乳癌の評価
 16. MIBGによる内分泌機能の評価
 17. 3相骨シンチグラフィによる骨病変の評価〔腫瘍〕
 18. FDG-PETによる腫瘍の評価
 19. Hybrid-PETによる腫瘍の評価

V.分子画像の動向
 1.動脈硬化の画像化
 2.アポトーシスの画像化
 3.抗体・ペプチドを用いた特異的機能の画像化
 4.遺伝子発現の画像化