書籍カテゴリー:消化器学

必携 消化器内視鏡

在庫状況:絶版

必携 消化器内視鏡

1版

  • 金沢大学教授 磨伊正義 著
  • 東邦大学 酒井義浩 編

定価:8,208円(本体7,600円+税8%)

  • B5判 258頁
  • 2000年5月 発行
  • ISBN978-4-525-25321-9
  • ISBN4-525-25321-5

概要

消化器内視鏡認定医・専門医を目指す医師のために!消化器内視鏡の著しい進歩を踏まえ,基礎から具体的な実施方法までを網羅した.診断については,理解を深めるために豊富な図譜(線画約130,写真約160),特に内視鏡写真を多く挿入.内視鏡治療については実地臨床に則した内容を心掛けた.

目次

内視鏡の基本理念
1.内視鏡とインフォームドコンセント
2.内視鏡検査所見の記載法
3.高齢者
4.小児
5.妊娠時
6.偶発症
7.内視鏡の利点と欠点-ー安全性・確実性・迅速性

診断
1.上部消化管
 1.前準備と前処置
 2.前処置,前投薬
 3.術中の注意
 4.術後の管理
 5.内視鏡挿入法
 6.上部消化管の観察上のポイント
 7.診断メモ
2.下部消化管
 1.大腸内視鏡の適応と禁忌
 2.大腸内視鏡の前処置
 3.大腸内視鏡の前投薬
 4.大腸内視鏡の挿入法
 5.観察
 6.診断メモ
3.色素法
 1.原理と分類
 2.色素法の実際
4.ERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影)
 1.適応と禁忌
 2.前処置・前投薬
 3.スコープ挿入のコツ
 4.主乳頭の観察
 5.選択的挿管
 6.偶発症の予防と対処
 7.造影・撮影時の注意点
 8.バルーンカテーテルを用いた膵管造影+圧迫撮影法
 9.診断メモ
5.POCS(経口的胆道内視鏡)
 1.使用機種
 2.術前処置
 3.麻酔および体位
 4.適応となる疾患
 5.禁忌
 6.挿入方法
 7.術後の管理
 8.偶発症
 9.診断メモ
6.PTCS(経皮経肝胆道内視鏡)とPTCCS(経皮経肝胆嚢内視鏡)
 1.PTCS
 2.PTCCS
 3.診断メモ
7.EUS(内視鏡的超音波断層法)
 2.機種の選択
 3.手順
 4.診断メモ
 5.超音波プローブ
8.腸腔鏡ー肝
 1.適応と禁忌
 2.前処置
 3.前投薬
 4.挿入のコツ
 5.観察上のポイント
 6.診断メモ

治療
 1.内視鏡的止血法の適応
 2.内視鏡的止血法の実際
 3.内視鏡的止血法
 4.内視鏡的止血法の選択
 5.内視鏡止血後の管理と経過観察
2.食道胃静脈瘤に対する内視鏡的治療
 1.現在行われている食道胃静脈瘤の内視鏡治療法について
 2.食道胃静脈瘤の治療の適応について
 3.ASによる内視鏡的硬化療法に必要な機器と薬剤
 4.ASによるEISの手技
 5.緊急出血例に対する硬化療法の手技
 6.EIS施行後の後療法と追加硬化療法の適応について
 7.内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)
 8.止血難渋例に対する治療法
 9.食道胃静脈瘤に対する内視鏡的治療法の選択
3.異物除去
 1.適応
 2.異物の種類
 3.必要な器具
 4.異物除去の実際
 5.実施後の処置
4.ポリペクトミーと内視鏡的粘膜切(摘)除(EMR)
 1.高周波電流による切(摘)除の原理と実施上の注意
 2.適応と禁忌
 3.器具
 4.切(摘)除の実際
 5.回収した病変の取扱い
 6.切(摘)除後の処置
5.狭窄解除
 1.適応
 2.機器,設備,前処置など
 3.狭窄解除の実際
 4.術後処置
6.EST(内視鏡的乳頭括約筋切開術)
 1.適応と禁忌
 2.準備と前処置
 3.機器
 4.EST手技の実際
 5.EST後の切石法
 6.偶発症と対策
 7.後処置
7.腹腔鏡下手術
 1.適応と禁忌
 2.前処置
 3.機器
 4.手技の実際
 5.術中・術後の管理と合併症

基礎知識
1.内視鏡に必要な解剖
 1.食道
 2.胃
 3.十二指腸
 4.大腸
 5.膵臓
 6.肝臓
2.内視鏡機器の種類
 1.わが国における消化器内視鏡機器の歴史
 2.ファイバースコープ
 3.電子スコープ
 4.超音波用内視鏡
 5.臓器別に使用される内視鏡
3.消毒とメンテナンス
 1.日本消化器内視鏡学会ガイドラインに沿った洗浄・消毒法
 2.処置具の洗浄・消毒
 3.自動洗浄機消毒
 4.環境の消毒
 5.内視鏡機器の保存とメンテナンス