書籍カテゴリー:神経学/脳神経外科学

頸動脈病変と頸動脈内膜剥離術

在庫状況:在庫あり

頸動脈病変と頸動脈内膜剥離術

1版

  • 名城病院脳神経外科部長 古井 倫士 著

定価:5,400円(本体5,000円+税8%)

  • B5判 136頁
  • 2002年4月 発行
  • ISBN978-4-525-31531-3
  • ISBN4-525-31531-8

概要

虚血性脳血管障害の原因の一つとして頸動脈狭窄症があげられている.
本書は頸動脈狭窄症に的を絞り,狭窄症による虚血発作発症の機序,検査を含めての診断法,治療法としての内膜剥離術の手術法および術後合併症への対応を分かりやすく解説してある.
脳外科医,血管外科医はもとより,神経内科医,一般内科医の方々にお薦めする.

目次

目  次
1 頸動脈閉塞性病変
A.頸動脈閉塞性病変と内膜剥離術
B.脳虚血の発生機序
1.塞 栓
2.血流不全
2 頸動脈病変の診断
A.頸動脈雑音
B.CTおよびMRI
1.CT所見
2.MRI所見
C.血管撮影
1.脳血管撮影
a) 閉塞性病変の部位
b) 狭窄度の測定
c) 潰瘍の診断
2.DSA
3.MRA
4.CTA
D.超音波診断
1.エコーおよびドプラー検査
a) 狭窄度の測定
b) 潰瘍の診断
c) 狭窄部の質的診断
2.経頭蓋ドプラー検査
a) 血流速度
b) microembolic signal


E.脳循環動態の評価
1.SPECT
2.その他の評価法
a) Xe-CT
b) dynamic CT
c) MRI灌流画像
d) PET
F.その他の診断法
1.血小板シンチグラフィー
2.非侵襲的補助検査
a) carotid phonoangiography(CPA,頸動脈脈音記録)
b) ophthalmodynamometry(眼底血圧測定)
c) oculoplethysmography(OPG,眼球容積脈波記録)
d) oculopneumoplethysmography(OPPG)
e) supraorbital Doppler(Doppler ophthalmosonometry)
f) supraorbital photoplethysmography(PPG,光電式容積脈波記録)
3.神経心理学的検査
3 手術適応…
A.randomized trials
1.症候性頸動脈狭窄症
a) NASCET
b) ECST
c) VA-309
2.無症候性頸動脈狭窄症
a) VA-167
b) ACAS
c) CASANOVA
d) MACE
e) ACST
3.治療指針
4.狭窄度の測定法
5.頸動脈狭窄症のnatural history
B.潰瘍の有無と適応
C.剥離術のリスクファクター
D.特殊な頸動脈狭窄症
1.対側頸動脈閉塞症の合併
2.両側頸動脈狭窄症
3.縦列病変の合併
E.他疾患との合併例
1.冠動脈疾患
2.脳動脈瘤
F.緊急剥離術
4 頸動脈内膜剥離術
A.手術法
1.手 技
a) 頸動脈への到達
b) 内シャント挿入
c) シャントの確認
d) 内膜剥離
e) 血管縫合
f) シャント抜去
g) 止血および閉創
2.術後の抗血小板剤投与
3.麻 酔
B.術中モニター
1.内頸動脈逆流圧
2.脳 波
3.体性感覚誘発電位
4.経頭蓋ドプラー検査
5.脳血流測定
5 手術合併症
A.即時性合併症
1.術中虚血および塞栓
2.神経損傷
a) 大耳介神経
b) 頸横神経
c) 顔面神経下顎縁枝
d) 迷走神経(反回神経,上咽頭神経)
e) 舌咽神経
f) 副神経
g) 舌下神経
3.創出血
B.遅発性合併症
1.脳塞栓および剥離部血栓
2.高血圧および低血圧
3.過灌流症候群
4.脳出血
5.頭 痛
6.術後せん妄症候群
C.晩発性合併症
1.再狭窄
2.偽性動脈瘤
D.心筋梗塞
6 特殊な頸動脈病変
A.閉塞性病変
1.頸動脈断端
2.外頸動脈狭窄症
3.特発性頸動脈解離
B.形態異常
1.蛇行,屈曲および螺旋
2.線維筋性形成異常症
索 引