書籍カテゴリー:整形外科学

TEXT整形外科学
立ち読み

在庫状況:在庫あり

TEXTシリーズ
TEXT整形外科学

第4版

  • 九州労災病院院長 糸満盛憲 編
  • 愛知医科大学教授 佐藤啓二 編
  • 千葉大学教授 高橋和久 編
  • 兵庫医科大学教授 吉矢晋一 編

定価:8,640円(本体8,000円+税8%)

  • 四六倍判 480頁
  • 2012年3月 発行
  • ISBN978-4-525-32054-6

概要

医師国家試験出題基準を念頭においてまとめられており,学生が医学部での講義・実習を通して整形外科学を学ぶ手助けとなるよう編集されている.コンセプトはそのままに,4名の編者が専門領域を担当し,学生が学ぶべき事項を漏れなく解説している.非常にコンパクトにまとめられ教科書として最適の一冊である.

序文

 診断技術や治療手技の進歩が著しい医学・医療の世界で,整形外科学においても基礎的研究から臨床応用まで,新たな発展が数多くみられ,目まぐるしく変化している.しかし教科書は,これらの新知見をくまなく取り込むものではなく,その時代に広く認知されている知見を幅広く網羅し,体系的に理解できるように記載するものであるべきである.
 「TEXT整形外科学」は1996年に第1版が出版されて以来,一貫してこの編集姿勢を貫いて学生に理解しやすい記載を心がけてきた.この度,第4版を上梓することになり,基本的な編集方針を貫きながらも,整形外科領域の基礎的知識を幅広く体系的に理解できるとともに,最新知見も可能な限り取り込むように工夫した.
 今回の改訂にあたって,3名であった編集者を4名に増員し,それぞれ専門とする分野の編集を担当していただき,より詳細に記載内容を検討していただくとともに,一部の項目で新たな執筆者を迎え内容のさらなる充実を図った.従来から取り組んできたように,執筆者には平成21年度の医師国家試験出題基準に準拠する項目と内容を漏れなく記載することをお願いした.また従来の2色刷りに加えて,骨軟部腫瘍の病理組織像をカラー写真で豊富に掲載し,理解の助けとすることにしたことも大きな変化である.
 本書は,研修医や整形外科専門医を目指す医師のためのモノグラフではない.本来,医学生の教科書として出版されたものであるが,理学療法士や作業療法士,看護師などの医療従事者を目指す学生の教育にも広く使われていると聞いている.冗長な記載を排し,簡潔でありながら必要な情報を漏れなく取り入れるように工夫したことが,大きな特徴である.本書が医療を担うべく勉強している多くの方々の知識の整理に役立ってくれるものと確信している.本書によって多くの読者が現代整形外科の知識を深めていただければ,編集者一同の望外の喜びである.

2012年1月
編集者代表 糸満盛憲

目次

第1章 運動器の構造と機能
 A 骨の構造と機能
 B 関節の構造と機能
 C 筋・腱の構造と機能
 D 運動にかかわる神経

第2章 整形外科的診断法
 A 病 歴
 B 視 診
 C 触 診
 D 整形外科的計測法
 E 神経学的所見のとり方
 F 画像検査
 G 臨床検査
 H 生理・病理学的検査

第3章 整形外科的治療法
 A 保存療法
 B 手術療法
 C 人工臓器

第4章 脊椎・脊髄
 A 斜 頚
 B 脊椎・脊髄の先天異常
 C 脊柱変形
 D 脊椎の炎症性疾患
 E 頚椎・胸椎疾患
 F 腰椎疾患
 G 脊髄腫瘍および馬尾腫瘍

第5章 上 肢
 A 先天性肩甲骨高位症(Sprengel変形)
 B 肩関節障害
 C 外反肘・内反肘
 D 上腕骨外側上顆炎
 E 肘内障
 F Dupuytren拘縮
 G 手の先天異常
 H 手指変形
 I 化膿性屈筋腱腱鞘炎

第6章 下 肢
 A 先天性股関節脱臼・臼蓋形成不全
 B 大腿骨頭すべり症
 C 股関節炎
 D 内反膝・外反膝・反張膝
 E 膝のスポーツ外傷と障害
 F 先天性下腿偽関節症
 G 足部疾患

第7章 代謝性疾患
 A 骨粗鬆症
 B くる病・骨軟化症
 C 副甲状腺機能亢進症および低下症
  (上皮小体機能亢進症および低下症)
 D 甲状腺機能異常およびその他の骨代謝疾患

第8章 骨・関節系統疾患
 A 軟骨無形成症
 B 骨形成不全症
 C 大理石骨病
 D 脊椎骨端異形成症
 E 先天性多発性関節拘縮症
 F 骨Paget病


第9章 非感染性骨・関節,軟部組織疾患
 A 変形性関節症
 B 骨壊死症・骨端症
 C 滑膜炎・関節炎
 D 離断性骨軟骨炎
 E 軟部病変

第10章 感染性骨・関節疾患
 A 化膿性骨髄炎
 B 感染性関節炎

第11章 骨・軟部腫瘍
 総 論
 A 分類と疫学
 B 診 断
 C 治 療
 各 論
 A 原発性良性骨腫瘍
 B 原発性悪性骨腫瘍
 C 転移性骨腫瘍
 D 骨腫瘍類似疾患
 E 良性軟部腫瘍
 F 悪性軟部腫瘍

第12章 外 傷
 A 外傷のプライマリケア
 B 骨折・脱臼
 C 筋・腱の損傷
 D 末梢神経損傷

第13章 末梢神経障害
 A 絞扼性神経障害
 B 神経痛


第14章 整形外科疾患のリハビリテーション
 A 理学療法と作業療法
 B 運動器のリハビリテーション
 C 義肢・装具療法
 D 身体障害者福祉法・介護保険法・障害者自立支援法

 医師国家試験出題基準対応表
 日本語索引
 外国語索引