書籍カテゴリー:臨床看護学|癌・腫瘍学

まるごとわかる! がん
立ち読み

在庫状況:在庫あり

まるごとわかる! がん

1版

  • 金沢医科大学腫瘍内科学 主任教授 元雄良治 著

定価:2,700円(本体2,500円+税8%)

  • AB判 142頁
  • 2017年2月 発行
  • ISBN978-4-525-50131-0

概要

がんの「知りたい」が詰まってる! ナースのためのいちばんわかりやすいがんの解説書

看護師にとっても出会う頻度の高い疾患であるがん.しかし,がんとはどのような疾患?治療のしくみは?各がん種の特徴は?など,実は知らなかったこともあるのではないだろうか.そこで,これらのテーマを易しい文章とフルカラーのイラストでわかりやすく解説.ケアのポイントも付いた,臨床で活かせる「いちばんわかりやすい」がんの解説本.

序文

 本書は看護師や看護学生を主な対象とする,がんの入門書です.イラストを多く入れて視覚的に理解しやすくしています.また,知っておきたいトピックスもコラムとして取り上げました.
 患者にとって最も身近で,相談相手になる医療職は看護師です.そして,医師や薬剤師をはじめとした多職種で構成される医療チームで患者と医療職をつなぐのも看護師です.したがって,看護師は医療に関する専門的な知識と経験に加え,患者とのコミュニケーションのスキルなどを身につける必要があります.
 日本人の2人に1人は生涯でなんらかのがんを発症し,3人に1人はがんで亡くなることは一般にも広く知られるようになりました.しかし,これまでがんとは無縁と思っていた人が突然がんと告げられると,気が動転して,何をしてよいかわからなくなります.このようなときに,看護師はどう対応すればいいのでしょうか.
 がん看護を専門としている看護師でさえ,最新のがん医療の進歩に追いつくのは大変です.ましてや日ごろがんを専門にしていない看護師が,がんに関する知識を整理することは困難です.しかし実際には,病院のさまざまな外来や病棟,あるいはクリニックでも,必ずがん患者に遭遇します.それは,がんがそれ以外の循環器・呼吸器・神経などの領域の疾患と併存していることが多いからです.
 本書は第1章「がんの基礎を理解しよう」,第2章「現代のがんの診断と治療はどうなっているのか」,第3章「がん種別 知っておきたい知識とケアのポイント」という構成になっています.第1章を基礎に第2章を理解し,第3章の各論がさらにわかりやすくなるという流れです.この1 冊を読んでいただければ,きっと明日からの看護に役立つと信じています.そして,読者の皆様にとって,看護師としてどのようにがん患者に対応していくのかを考える契機としていただければ幸いです.
 最後になりましたが,本書の発刊にあたりお世話になりました,株式会社南山堂の松村みどり氏をはじめ関係各位に心より感謝いたします.

2017年1月
金沢医科大学にて 元雄 良治

目次

第1章 がんの基礎を理解しよう─“なぜ”に答える
 1がんのデータ(疫学)
 2.がんのメカニズム
 3.がんの誘因・危険因子
 4.治療薬の作用メカニズム
 5.がんによる痛み

第2章 現代のがんの診断と治療はどうなっているのか
 1.がんの診断
 2.がんの治療① 局所療法
 3.がんの治療② 全身療法(薬物療法)
 4.薬物療法の進歩
 5.支持療法
 6.緩和ケア
 7.患者・家族とのコミュニケーション

第3章 知っておきたい知識とケアのポイント
 1.肺がん
 2.乳がん
 3.胃がん
 4.大腸がん
 5.膵がん
 6.前立腺がん

COLUMN
 がん診療連携拠点病院
 がん検診
 臨床試験
 在宅での看取り
 EBM
 代替医療
 がん患者の語り
 原発不明がん
 がんリハビリテーション
 骨転移
 オンコロジー・エマージェンシー
 遺伝性腫瘍
 がんと認知症との併存