書籍カテゴリー:臨床看護学|精神医学/心身医学

ナースのためのサイコオンコロジー

在庫状況:在庫あり

ナースのためのサイコオンコロジー

1版

  • 東海大学教授 保坂 隆 著

定価:1,944円(本体1,800円+税8%)

  • 四六判 161頁
  • 2001年11月 発行
  • ISBN978-4-525-51861-5
  • ISBN4-525-51861-8

概要

本書では看護婦のためにサイコオンコロジーの定義・トピックス,がん患者へのメンタルケアの方法,チーム医療での看護婦のポジションについてわかりやすく解説した.また著者が精神科医として関与した「大切な患者さん」のエンド オブ ライフ ケアから何を学んだかを紹介した.巻末には乳がんカウンセリングマニュアルを掲載した.

目次

第1章 サイコオンコロジーの歴史と定義
 なぜ今,サイコオンコロジーなのか?
   がんは日本人の死因の第1位
   心理的ケアの卒前教育がない
   心理的ケアの卒後教育がない
   それでも,やはりがん患者への心理的ケアは必要
 サイコオンコロジーの歴史
   サイコオンコロジーとリエゾン精神医学
 サイコオンコロジーの定義と領域

第2章 がん患者の情緒状態
 がん患者の心の動揺
   オンコロジー・ナーシングへの応用
 精神症状の過小評価
   オンコロジー・ナーシングへの応用
 がん患者のうつと適応障害
   オンコロジー・ナーシングへの応用
 がん患者の抑うつの合併率
   オンコロジー・ナーシングへの応用
 がん患者の抑うつの診断上の問題
   オンコロジー・ナーシングへの応用
 適応障害を起こしやすい因子
   オンコロジー・ナーシングへの応用
 がんの告知
   オンコロジー・ナーシングへの応用
 がんの告知と精神症状の発現
   オンコロジー・ナーシングへの応用
 コーピングとがんの進行
   オンコロジー・ナーシングへの応用
 がんになりやすい性格
   オンコロジー・ナーシングへの応用

第3章 がん患者のメンタルケア
 医療コミュニケーション
   非言語的なコミュニケーション・スキル
   言語的なコミュニケーション・スキル
 インフォームド・コンセント
 がん患者への精神療法的介入
   精神療法の種類
   精神療法の形態
   がん患者への集団精神療法
     オンコロジー・ナーシングへの応用
 がん患者の家族への精神療法的介入
   がん診療における家族の役割
   がん患者の家族への精神療法
   家族のグリーフ・ワーク

第4章 がん診療におけるチーム医療
 安楽死事件の背景にあるもの
 がん告知と看護婦のポジション
 看護婦の中間性
 看護における転移と逆転移
 理想的なチーム医療

第5章 エンド・オブ・ライフ・ケア
 突然,末期がんになったAさん
   精神科医は何をやったか?
   ここから何を学んだか?
 何も話してくれなかったBさん
   精神科医は何をやったか?
   ここから何を学んだか?
 治療を拒否したCさん
   精神科医は何をやったか?
   ここから何を学んだか?
     オンコロジー・ナーシングへの応用
 受容が早すぎたDさん
   精神科医は何をやったか?
   ここから何を学んだか?
 非告知に抗議したEさん
   精神科医は何をやったか?
   ここから何を学んだか?
 夫を亡くしたFさん
   精神科医は何をやったか?
   ここから何を学んだか?

第6章 がん患者さんのためのカウンセリング
 東海大式「乳がんカウンセリング・マニュアル」
 東海大式マニュアルを用いた研究
   方法と結果
   適応障害の改善
   カウンセリング効果の持続
   追加介入のプログラム
   最終的なプログラム
   参加者同士の連携