書籍カテゴリー:精神医学/心身医学

温泉療法

在庫状況:絶版

医学教養新書
温泉療法
癒しへのアプローチ

第2版

  • 北海道大学保健管理センター助教授 大塚吉則 著

定価:972円(本体900円+税8%)

  • 新書判 157頁
  • 2001年 発行
  • ISBN978-4-525-63512-1
  • ISBN4-525-63512-6

概要

温泉療法は,従来の慢性疾患やリハビリテーションへの応用に加え,健康増進センターなどの普及に伴い成人病予防,健康維持・増進などへもその適応を拡大しております. 本書は温泉(入浴)の身体に与える影響-環境要因,泉質,入浴法などを科学的検証をもとに解説し,温泉(入浴)による心身の調和と健康増進法を具体的・平易に解説.

目次

第1章 温泉と人々との関わり
第2章 温泉の定義
第3章 温泉入浴の身体に与える影響
1.物理的因子
2.薬理・科学的因子
3.温泉入浴の免疫機能に与える影響
4.入浴のホルモン分泌系へ与える影響
5.静脈血の動脈血化
第4章 温泉を楽しむいろいろな方法
1.温泉水などの自然の恵みを利用する方法
2.真湯で楽しむ入浴法
3.ミネラルウォーターについて
第5章 温泉水の老化現象
第6章 水温を感じる人種差
第7章 日本温泉気候物理医学会
第8章 温泉の成分分析書は正しいか
第9章 入浴剤の効用
1.入浴剤の作用
2.入浴剤の分類
第10章 お風呂の賢い入り方
1.問題
2.大きなお風呂と小さなお風呂
3.かけ湯
4.露天風呂
5.部分浴の効果
6.温泉の入浴回数,1回の入浴時間など
7.家庭のお風呂での浴室・脱衣所の温度
8.風邪と入浴
第11章 温泉保養地療法
1.温泉・気候医学
2.温泉療法
3.気候療法
第12章 熱いお風呂の危険性(入浴の実験から)
1.熱いお風呂は糖尿病の合併症を悪化させる?
第13章 シャワー
第14章 サウナ
第15章 温泉利用型健康増進施設
  付録
1.温泉療法医のいる主な温泉病院
2.温泉利用型健康増進施設一覧
3.環境庁指定の国民保養温泉地
4.主要温泉地一覧