書籍カテゴリー:臨床薬学

薬剤師よ,心電図を読もう!
立ち読み

在庫状況:在庫あり

電子書籍版はこちら

(医書.jpに移動します)

薬剤師よ,心電図を読もう!

1版

  • JCHO大阪病院 循環器内科 大八木 秀和 著

定価:3,024円(本体2,800円+税8%)

  • B5判 175頁
  • 2016年10月 発行
  • ISBN978-4-525-70491-9

概要

心電図がわかると,抗不整脈薬の使い方がわかる!

月刊誌「薬局」の好評連載が書籍化!「薬剤師は心電図を読めなくても大丈夫」,そう思っていませんか?でも,心電図がわかると抗不整脈薬の使い方や医師の処方意図が手に取るようにわかります!オールカラーで心電図や心臓生理をわかりやすく解説.心電図初心者の薬剤師「ひろし」と一緒に,心電図の勉強を始めてみませんか?

序文

 「薬剤師よ,心電図を読もう!」という連載を,約1年半,南山堂の月刊誌『薬局』で掲載させていただきました.これは,臨床に携わる薬剤師が,現在も少なからず必要であり,今後必須の知識の一つとなる心電図について,若い薬剤師と医師の織りなす素敵なラブストーリーに合わせて,ことさら難しく敬遠しがちな心電図の知識を,楽しく面白くマスターしてもらいたい一心で執筆・連載したものです.それが今回,内容をさらにバージョンアップして一冊の本となって,再び皆様の前にお目見えする機会を得たことは,私にとってこの上ない喜びです.
 ところで,この本を手に取っている薬剤師の皆様にとって,心電図って一体どんな存在ですか? 実際,いまも特段心電図が読めなくても日常業務を普通にこなすだけなら,なんの支障もない存在ではないでしょうか?
 しかし,この本を手に取った方は,薬剤師にとって心電図を理解することは,日常臨床でとても大切な知識であり,できればちゃんと理解した方が,いろいろなメリットがあるんだろうなと考えているのだと思います.何がメリットなのか,まだマスターできていない段階で知ることは困難でしょう.でも,それは事実です.なぜかというと,約20年近く前に薬剤師として働いていた私が,心電図をしっかり理解できるようになって初めて,心電図の知識がいかに薬剤師に役立つものかを実感したからです.
 先人の薬剤師の方々の長年の夢であった,管理中心の薬剤師業務だけではなく,自分たちの潜在能力を生かした臨床現場で活躍できる土壌は,もう整いました.臨床薬剤師として,病棟や在宅までもがテリトリーになろうとしています.賽は投げられたのです.ぐずぐずしていては,この好機は二度と訪れないかもしれません.医師とわたりあっていくためには,敵を知り己を知らねばなりません.ところが,実際まだまだ薬剤師の基本的臨床医学知識のレベルは,一部の薬剤師以外は医師に届いていないのが現状です.この状況を打破するために,まずは私が経験した「心電図を理解できるようになれば,抗不整脈薬なんて怖くない」という経験を,一緒にしてみませんか?
 この本をきっかけに多くの薬剤師の方が,基本的臨床医学知識を身に付けてくれることを願ってやみません.

2016年夏 大阪豊中にて
大八木 秀和

目次

・心電図には色々な種類がある
・BLSは薬剤師必修だ!
・初心者の段階で最も必要な知識はこれだ!
・心拍数を瞬時に読む
・薬剤師はどんな時に心電図の知識を活かせるか
・4つのステップで不整脈を見分ける①
・4つのステップで不整脈を見分ける②
・モニター心電図と12誘導心電図の関係①
・モニター心電図と12誘導心電図の関係②
・発作性上室頻拍って何?
・副伝導路って?
・薬剤師こそSicilian Gambit分類を極めよ
・薬剤師に必要な心電図の知識はどこまで?
・徐脈性不整脈を極める
・脚ブロック
・電気軸とは何か?
・12誘導心電図特有の知識
・卒業試験
・エピローグ

・付録:薬剤師に必要な基本的臨床医学知識~循環器編~
・索引