書籍カテゴリー:臨床薬学|基礎薬学

薬物治療学
立ち読み

在庫状況:在庫あり

visual core pharma
薬物治療学

第7版

  • 東邦大学薬学部臨床薬学教授 吉尾 隆 編
  • ほか13名 編

定価:9,504円(本体8,800円+税8%)

  • B5判 891頁
  • 2018年3月 発行
  • ISBN978-4-525-72057-5

概要

薬物治療のスタンダードな教科書!

薬物治療学のスタンダードな教科書の改訂版!病態と主な治療薬の作用点をカラーイラストで示し,標準的な薬物治療を理解するために必要な臨床医学・薬学の基礎知識を解説.さらに第102回を含む過去の薬剤師国家試験の出題内容を反映し,改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムにも対応.薬学生や薬剤師に大いに役立つ一冊.

序文

 薬学教育が6年制になり,12年になります.当初の薬学教育6年制の大きな目的は,医療現場において薬学を基盤とした臨床薬剤業務ができる薬剤師の養成でした.この目的を達成するためには,薬物治療学を教科書的にではなく,臨床的な感性を育てながら学ぶことが必要でした.薬学教育6年制における臨床教育では,薬剤師が薬物治療に直接かかわり,医師が行う薬物治療の支援のみならず,処方設計まで踏み込んだ教育が求められることから,臨床教育の重要性はますます大きくなっています.そして,その後の薬剤師を取り巻く環境は大きく変化し,2012年度の診療報酬改定では,病院薬剤師にとって大きな転機となる病棟薬剤業務加算が新設され,その業務が病棟にシフトし,薬局薬剤師にはより地域医療への貢献が期待されることになりました.厚生労働省医政局長通知(医政発0430第1号)「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」(平成22年4月30日付)では,既に「薬物療法を受けている患者(在宅患者含む)に対し,薬学的管理(患者の副作用状況の把握,服薬指導等)を行うことや必要に応じて医師に処方変更や処方提案をすること」も求めており,これらの流れは,2016年度の診療報酬改定における,薬剤総合評価調整加算,薬剤総合評価調整管理料の新設へとつながりました.
 2018年からは,改訂モデル・コアカリキュラムが適用されて入学した学生に対して,10年後の薬剤師像を見据えた新たな臨床教育が開始されます.そのため,改訂モデル・コアカリキュラムでは,薬物治療学分野において,特にE医療薬学では疾病に伴う症状などの患者情報を解析すること,最適な薬物治療,医薬品情報ならびに患者情報の収集・評価・加工,臨床研究デザイン・解析により,薬物療法における実践的能力を身に付けることを求めています.
 本書は,初版より病態から治療薬の基礎知識,そして治療薬の実際の使い方について,臨床系薬学教員を中心に医療現場で実際に業務を行っている専門性の高い薬剤師が協力し,薬学生が将来,医療現場で臨床薬剤師として十分機能できるようになるために作成されたものであり,薬学生が将来の臨床薬剤師像を具体的にイメージできるものでなくてならないと考えています.各大学においては,2018年度からの長期実務実習に備え,より実践的な薬物治療に関する教育に力を入れていく必要があります.本書では,これまでも現場で実際に行われている最新の薬物治療と薬物治療ガイドラインを紹介し,国家試験問題として取り上げられている疾患に対応しています.今回の改訂7版は,旧コアカリで国家試験を受験する学生にも対応しており,また,卒業後の生涯学習の教科書としても活用できます.薬学教育の領域のみならず,多くの臨床に携わる薬剤師の方々にもご活用いただけますと幸甚です.

  2018年早春
編者を代表して
吉尾 隆

目次

Ⅰ章 総 論
薬物治療学概論 

Ⅱ章 臨床検査値
臨床検査とは 

Ⅲ章 疾患と薬物治療
心臓・血管系疾患
 1 不整脈 
 2 心不全 
 3 高血圧 
 4 腎血管性高血圧・腎実質性高血圧 
 5 虚血性心疾患 
 6 閉塞性動脈硬化症 
 7 心原性ショック 
 8 感染性心内膜炎・胸膜炎 
 9 その他の心臓・血管系疾患 

血液・造血器系疾患
 10 貧血 
 11 血栓・塞栓 
 12 播種性血管内凝固症候群 
 13 血友病 
 14 紫斑病 
 15 白血球減少症 
 16 白血病 
 17 悪性リンパ腫 
 18 多発性骨髄腫

消化器系疾患
 19 消化性潰瘍(胃・十二指腸潰瘍) 
 20 胃食道逆流症 
 21 胃炎
 22 腸炎(急性腸炎) 
 23 潰瘍性大腸炎 
 24 クローン病 
 25 過敏性腸症候群 
 26 虫垂炎 
 27 肝炎・肝硬変 
 28 薬剤性肝障害 
 29 胆石症 
 30 胆管炎・胆囊炎 
 31 膵炎 
 32 痔核 
 33 下痢・便秘 
 34 悪心・嘔吐 

腎臓・尿路疾患
 35 ネフローゼ症候群 
 36 糸球体腎炎 
 37 腎不全 
 38 糖尿病腎症 
 39 薬剤性腎症 
 40 尿路感染症・腎盂腎炎 
 41 尿路結石 
 42 過活動膀胱・低活動膀胱・膀胱炎
 43 前立腺肥大症 

生殖器疾患
 44 異常妊娠 
 45 異常分娩
 46 不妊 
 47 子宮内膜症・子宮筋腫
 48 その他の生殖器疾患

呼吸器・胸部疾患
 49 慢性閉塞性肺疾患(気管支炎・肺気腫)
 50 気管支喘息 
 51 上気道炎(かぜ症候群)・急性気管支炎
 52 インフルエンザ(流行性感冒)
 53 肺炎 
 54 間質性肺炎
 55 肺結核 
 56 百日咳 

内分泌系疾患
 57 甲状腺機能異常症(亢進症/低下症) 
 58 副甲状腺機能異常症(亢進症/低下症) 
 59 クッシング症候群 
 60 アジソン病 
 61 アルドステロン症 
 62 尿崩症 
 63 その他の内分泌系疾患

代謝性疾患
 64 糖尿病 
 65 脂質異常症 
 66 高尿酸血症・痛風  

神経・筋疾患
 67 脳炎・髄膜炎 
 68 脳血管疾患 
 69 一過性脳虚血発作 
 70 てんかん 
 71 熱性けいれん 
 72 重症筋無力症 
 73 パーキンソン病 
 74 アルツハイマー病 
 75 血管性認知症 
 76 レビー小体型認知症 
 77 慢性頭痛 
 78 その他の神経・筋疾患 

精神疾患
 79 統合失調症 
 80 うつ病・双極性障害(躁うつ病) 
 81 神経症 
 82 心身症 
 83 睡眠障害(不眠・ナルコレプシー) 
 84 薬物依存症 
 85 アルコール依存症 

耳鼻咽喉疾患
 86 めまい・メニエール病 
 87 アレルギー性鼻炎・花粉症
 88 副鼻腔炎 
 89 中耳炎 
 90 その他の耳鼻咽喉疾患 

皮膚疾患
 91 アトピー性皮膚炎 
 92 皮膚真菌症 
 93 蕁麻疹 
 94 薬疹 
 95 水疱症 
 96 乾癬 
 97 接触皮膚炎 
 98 光線過敏症 
 99 褥瘡 

眼疾患
 100 緑内障 
 101 白内障 
 102 結膜炎 
 103 網膜症 
 104 その他の眼疾患 

骨・関節疾患
 105 骨粗鬆症
 106 関節リウマチ 
 107 変形性関節症  
 108 骨軟化症 

アレルギー・免疫疾患
 109 アナフィラキシーショック 
 110 後天性免疫不全症候群 
 111 全身性エリテマトーデス 
 112 その他のアレルギー・免疫疾患 

感染症
 113 全身性細菌感染症 
 114 皮膚細菌感染症  
 115 薬剤耐性菌感染症 
 116 ヘルペスウイルス感染症 
 117 その他のウイルス感染症 
 118 原虫感染症 
 119 寄生虫感染症 

悪性腫瘍
 120 胃癌 
 121 食道癌 
 122 大腸癌 
 123 肝癌 
 124 胆囊癌・胆管癌 
 125 膵癌 
 126 肺癌 
 127 腎癌 
 128 前立腺癌 
 129 膀胱癌 
 130 子宮癌(子宮体癌/子宮頸癌) 
 131 卵巣癌 
 132 乳癌 
 133 脳腫瘍 
 134 骨肉腫・ユーイング肉腫 
 135 網膜芽細胞腫 
 136 その他の悪性腫瘍 

その他の薬物治療
 137 緩和医療
 138 支持療法
 139 臓器移植・造血幹細胞移植・輸血
 140 全身麻酔 
 141 消毒薬

薬剤師国家試験 出題問題対応表
薬物治療学改訂7版 主な改訂箇所一覧