書籍カテゴリー:基礎薬学|臨床薬学

はじめての薬物速度論
立ち読み

在庫状況:在庫あり

電子書籍版はこちら

(医書.jpに移動します)

はじめての薬物速度論
薬物動態の基礎

1版

  • 中外製薬株式会社 加藤 基浩 著

定価:2,090円(本体1,900円+税10%)

  • A5判 117頁
  • 2008年4月 発行
  • ISBN978-4-525-72721-5

概要

薬物速度論をはじめて学ぶ人にも取っ付きやすいよう,非常に分かりやすい具体的なたとえ話で解説された入門書.平易な言葉を用いて確実な理解に導ける本で,まさに“目から鱗を落とす”きっかけとなる1冊である.薬学生,大学院生はもちろん,病院・薬局の薬剤師,製薬企業の動態研究者やメディシナルケミスト,薬理学者,製剤学者の方にもぜひ読んでいただきたい.

序文

本書は2004年7月に薬物動態の初心者に薬物速度論の概要をわかってもらうために企画し,(株)パレード P.press出版部から自費出版した「薬物動態解析入門−はじめての薬物速度論」を新版にしたものです.なぜ,このような本を企画したかというと,新しくこの分野に移ってきた多くの方から,「はじめて薬物速度論を勉強するのに,わかりやすい本を教えてください」と尋ねられ,「この本はどうでしょう」と既に発刊されている薬物速度論の本を薦めていましたが,「全く初めての人が,読んでわかるのだろうか」とずっと疑問を感じていたからです.いい本がないのであれば自分で書いてみようと思い,企画しました.
自費出版してから3年経ち,残部も少なくなってきました.最初はこの内容でよいか心配でしたが,概ね良い反応であり,初心者用の本が必要であると,改めて感じました.このまま絶版も考えましたが,より多くの方に,届くように,一般の書籍として出版できないかと南山堂編集部の方に相談したところ,快く引き受けていただけました.
「数式を使わない……」という本を見かけますが,薬物速度論は言葉の通り,速度論ですから基本的に数式を使います.これは避けることはできません.しかし,その式の意味や使い方の解説はできるはずと思っています.本書は話し言葉で書いています.その方が,取っ付きやすいと思ったからです.
新版にあたり,説明不足の点は修正し,略語表や式一覧なども付け,また教科書の参考書としても使えるように,過去の国家試験の問題を参考に不足分を補いました.ファーマコキネティクスの部分の8〜9割は網羅していると思います.
本書は薬物動態学者だけでなく,病院・薬局の薬剤師の方,製薬会社のメディシナルケミスト,薬理学者,製剤学者にも読んでいただき,薬物動態の意味を理解していただきたいと思い,8章に「医療関係者へ」,9章に「創薬担当者へ」という章を設けています.本書だけ読んで,製剤設計のシミュレーションをした人がいます.その話を聞いて,うれしいと同時に,ほぼ必要な内容を含んでいることにもなるので,安心しました.しかし,この本はあくまで入門書です.薬物動態をこれから利用していこうという方は,この本を読んだ後に,さらに他の本を読んで知識を深めてください.
最後に,自費出版にあたってお世話いただいた(株)パレード P.press出版部の太田宏司郎氏,吉村勝氏に御礼申し上げます.また今回の出版に際し,推薦の序をご執筆いただきました東京大学杉山雄一先生はじめ南山堂編集部のご尽力に御礼申し上げます.


2008年 新春  加藤 基浩





推薦の序

はじめて薬物速度論の勉強をし始めた35年ほど前のことを思い出している.当時,私の師である花野学教授が,ある雑誌に毎月,連載で書いておられたシリーズの読み物が唯一の材料であった.毎月,その別刷りを頂いて勉強していたことを覚えている.連載の書き物は単行本となって出版された.その後,いくつかの本が出版されたが,私自身は,英文の本も含めて5冊ほどの本をあちらこちら調べながら学んだことを思い出す.それぞれの本によって,理解しやすいパートと理解の困難なパートがあり複数の本を総合してやっと理解できるということの繰り返しであった.
薬物速度論を理解するにはある程度,数式を使うことが余儀なくされる.しかし,これら数式は平易なものが大部分で,薬物速度論の基礎の大部分は高校生レベルの学力で理解できる.薬物速度論を理解するのに苦労している初心者の大部分は,数学の力がないからでなく,その本質的な意味を理解することへのとりかかりを見つけられない場合が多い.私自身も,大学院の頃,クリアランスの概念を理解するのに四苦八苦して,良書もなく結局は自分でほぼ2週間,考えに考えてやっと理解でき,大変に嬉しかったことを覚えている.
初心者は,どこかで,“目から鱗を落とす”きっかけが欲しい.薬物速度論には,クリアランスに限らず,分布容積,平均滞留時間などといった本質的に理解することが初心者には難しく,しかし,この領域を理解するには必須の概念がいくつかある.加藤基浩博士の本著は,これらの概念を非常にわかりやすく具体的なたとえ話で解説しているところに特徴がある.私の時代にこういう良書があれば,もっと短時間に“目から鱗が落ちた”であろうと残念に思っている.
本書の特徴は,他にもいくつかあげられる.理論体系を詳細に述べることを最小限にして,具体的にどのように速度論を使うのかについてわかりやすく解説されている.例えば,8章「医療関係者へ」での“添付文書の読み方”の項目,9章「創薬担当者へ」における “創薬担当者へ”,“薬効・毒性担当者へ”,“物性・製剤担当者へ”という項目を挙げることができる.9章は,企業における薬物動態研究者である著者がもっとも生き生きと書いている章である.
本書は,薬物速度論に最初に入っていくための書として,大学の学部学生,院生のみならず,病院薬剤師,また,企業の動態研究者,動態部門と協力しあう必要のある製剤部門,薬理・毒性部門,医薬化学(メディシナルケミスト)部門の方々に是非,読んで頂きたい名著である.薬物速度論に対して深い理解を持っている著者であるからこそ,このような平易な言葉を用いて確実な理解に導ける本を執筆されたことに敬意を表したい.


2008年3月
東京大学大学院薬学系研究科 分子薬物動態学 教授 杉山 雄一





目次

推薦の序
はじめに
略語表

第1章 薬物動態
  1.1 薬物動態と薬物速度論
  1.2 薬物速度論はなぜ必要か

第2章 速度論への入り口
  2.1 身近な現象を速度論で
   2.1.1 モデルケース1  寄せ鍋
   2.1.2 モデルケース2  生け簀
   2.1.3 モデルケース3  空気清浄機
  2.2 動物・ヒトでの消失

第3章 速度論の基本
  3.1 速 度
  3.2 0次,1次速度
  3.3 半減期
  3.4 クリアランスと分布容積
  3.5 ここで再び半減期

第4章 コンパートメントモデル
  4.1 コンパートメントモデル
  4.2 1-コンパートメントモデル
   4.2.1 1-コンパートメントモデル(静脈内急速投与)
   4.2.2 クリアランスとの関係
   4.2.3 半減期の求め方
   4.2.4 解析例(静脈内投与)
   4.2.5 0次吸収1-コンパートメントモデル(静脈内持続投与)
   4.2.6 1次吸収1-コンパートメントモデル(経口投与)
  4.3 2-コンパートメントモデル
   4.3.1 2-コンパートメントモデル(静脈内急速投与)
   4.3.2 分布容積
   4.3.3 1次吸収2-コンパートメントモデル(経口投与)
  4.4 その他のコンパートメントモデル
  4.5 最小2乗法
  4.6 おわりに

第5章 モデルを使わない解析
  5.1 モデルを使わない解析
  5.2 モーメント解析
   5.2.1 モーメント解析
   5.2.2 AUC(血漿中濃度-時間曲線下面積)
   5.2.3 MRT(mean residence time;平均滞留時間)
   5.2.4 クリアランスと分布容積
   5.2.5 モーメント解析による吸収評価
  5.3 デコンボリューション法

第6章 生理学的モデル
  6.1 生理学的モデル
  6.2 タンパク結合
  6.3 臓器クリアランス
  6.4 肝クリアランス
   6.4.1 Well-stirred モデル
   6.4.2 Parallel tube モデル
  6.5 腎クリアランス
  6.6 固有クリアランス
  6.7 分布容積
  6.8 経口クリアランス
  6.9 おわりに

第7章 線形動態,非線形動態
    3つの解析法で解析してみましょう
  7.1 線形動態
  7.2 非線形動態
  7.3 薬物動態評価・予測と解析法

第8章 医療関係者へ
  8.1 添付文書の読み方
  8.2 効果と半減期と蓄積性
  8.3 予測式を使わない予測法(反復投与)
  8.4 薬物間相互作用
  8.5 ポピュレーションファーマコキネティクス

第9章 創薬担当者へ
  9.1 創薬担当者へ
   9.1.1 早いと速い
   9.1.2 バイオアベイラビリティ
   9.1.3 In vitroでの肝固有クリアランスの求め方
   9.1.4 半減期
   9.1.5 組織移行性
  9-2 薬効・毒性担当者へ
   9.2.1 In vitroとin vivo の有効濃度
   9.2.2 PK/PD解析(TK/TD)
  9.3 物性・製剤担当者へ

第10章 補 講
  補講1 ラプラス変換
  補講2 なぜ,Vdβの方がVssよりも大きいのか
  補講3 反復投与の解析・予測

おわりに

参考図書
式一覧
索 引