書籍カテゴリー:基礎薬学

最新機器分析学

在庫状況:絶版

最新機器分析学

1版

  • 星薬科大学教授 中澤裕之 監
  • 長崎大学薬学部教授 中島憲一郎 編
  • 金沢大学薬学部教授 早川和一 編

定価:6,480円(本体6,000円+税8%)

  • B5判 378頁
  • 2000年1月 発行
  • ISBN978-4-525-74141-9
  • ISBN4-525-74141-4

概要

機器分析化学分野における原理的な事項,および最近の進歩に伴った最新の知識を盛り込んだ教科書.各分析法ごとに分かりやすく解説.薬学部学生を対象に,日本薬局方,衛生試験法などの内容を盛り込むとともに,薬剤師国家試験出題にも対応出来る内容となっている.

目次

1.概論
1.はじめに
2.物質の特性と測定法
3.分子間力と物質の分離
2.紫外可視分光光度法
1.はじめに
2.光の性質,紫外・可視吸収スペクトル
3.紫外・可視分光光度法の基礎
4.装置および吸光度の測定
5.定量分析
6.吸光度比法
3.蛍光分析法
1.はじめに
2.量子効率,蛍光スペクトル,消光,蛍光に影響する因子
3.蛍光測定法
4.蛍光測定の定量分析などへの応用
5.光音響の原理と装置
4.化学発光および生物発光分析法
1.はじめに
2.化学発光物質と発光機構
3.極微弱発光
4.化学発光の分析化学への応用
5.生物発光の基礎
6.生物発光の分析化学への応用
5.フレーム,発光,原子吸光,ICP分析法
1.はじめに
2.フレーム分析法(炎光分析法)の基礎
3.発光分析法の基礎
4.原子吸光分析法の基礎
5.ICPの基礎
6.屈折率測定法
1.はじめに
2.屈折の原理
3.屈折率の測定
4.定性,定量分析,物質の構造とモル屈折率
7.旋光度測定法
1.はじめに
2.旋光の原理,旋光度
3.旋光分散,円偏光ニ色性
4.旋光性,円偏光ニ色性の表示法
5.旋光度測定法・円偏光ニ色性測定法
6.定性・定量・構造分析
8.赤外・ラマンスペクトル分析法
1.はじめに
2.赤外・ラマンスペクトルの原理
3.赤外スペクトル測定法
4.赤外スペクトルの応用
5.ラマンスペクトル測定法
9.蛍光X線分析法
1.はじめに
2.X線,電子線または荷電粒子による原子の励起
3.X線の吸収,スペクトルの分光
4.分析装置,試料調製
5.応用
10.放射化学分析法
1.はじめに
2.放射性崩壊
3.放射線測定原理
4.応用
11.核磁気共鳴分析法
1.はじめに
2.核磁気共鳴の理論
3.核磁気共鳴スペクトルの測定
4.核磁気共鳴スペクトルと化学構造
5.スペクトル解析の手順
6.核磁気共鳴分析法の応用
12.電子スピン共鳴分析法
1.はじめに
2.装置
3.特徴
4.g値と超微細構造
5.スピントラツピング法
6.応用
13.質量分析法
1.はじめに
2.質量分析法の理論
3.質量スペクトル
4.質量分析法の応用
14.X線回析分析法
1.はじめに
2.結晶構造との対応
3.X線回析法の応用
4.粉末X線回析法
5.定性および定量分析
15.電気分析法
1.はじめに
2.電位差測定法
3.pH測定法
4.電解分析法
5.ボルタンメトリー
6.電導度分析法
7.電気適定法
8.カールフィッシャー法
9.センサー
16.電気泳動法
1.はじめに
2.電気泳動法の種類
3.電気泳動の基礎
4.電気泳動装置
5.検出法
6.電気泳動法
7.キャピラリー電気泳動法
17.クロマトグラフィー
1.はじめに
2.基礎知識
3.カラムクロマトグラフィー
4.高速液体クロマトグラフィー
5.ガスクロマトグラフィー
6.薄層クロマトグラフィー
7.ろ紙クロマトグラフィー
8.その他のクロマトグラフィー
18.熱分析法
1.はじめに
2.熱重量測定
3.示差熱分析法
4.示差走査熱量測定
19.フローインジェクション分析法
1.はじめに
2.原理
3.装置
4.FIAシステムの組み立て
5.応用例