書籍カテゴリー:臨床薬学|医学・医療一般

標準薬物治療ファイル
立ち読み

在庫状況:在庫あり

2ページで理解する
標準薬物治療ファイル

第2版

  • 日本アプライド・セラピューティクス学会 編

定価:2,700円(本体2,500円+税8%)

  • A5判 150頁
  • 2015年12月 発行
  • ISBN978-4-525-77342-7

概要

手軽に持ち歩けて便利な薬物治療&管理の要点ガイド

本書は臨床で遭遇する主要66疾患について,ガイドラインに基づき標準的な薬物治療及びその管理をコンパクトに整理したチェック・リストである.SOAP形式で患者情報を記録し処方設計・管理する際,医師・薬剤師が何を確認し治療を進めていくかを箇条書き形式で2ページにまとめた.病棟業務や薬学教育における実務実習に必携の1冊.

序文

 本書の初版が2013年8月に出版され2年が経過した.本書の作成意図は初心者が薬物治療について理解するためよりも,むしろ基礎的な事項を確認し,ベッドサイドや在宅の場面で医療スタッフが薬物治療を実践することを目的としたものである.
 現在進められているチーム医療は,平成22年4月30日付,医政発0430第1号厚生労働省医政局長通知にある「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」に基づき様々な取り組みと評価がもとめられている.この中で医師・薬剤師が協働して行う業務として,「1.事前に作成・合意されたプロトコールに基づき,専門的知見の活用を通じて,医師等と協働して実施する.2.医師に対して積極的に処方を提案する.3.在宅の患者を含め薬物療法を受けている患者に対し,薬学的管理(患者の副作用の状況の把握,服薬指導等)を行う.」など9項目が掲げられている.
 このような背景から今後の方向性としては米国で広まった共同薬物治療管理(CDTM;Collaborative Drug Therapy Management)の実践がますます求められてくる.日本病院薬剤師会でも「プロトコールに基づく薬物治療管理,PBPM(Protocol-Based Pharmacotherapy Management)」として薬物療法をマネジメントすることを方向性として打ち出している.さらに,今後は地域包括ケアシステムの中でもチーム医療の中心的な対象として,科学的,合理的,経済的な薬物療法の推進が求められることになると思われる.
 医師・薬剤師が共通した認識で疾病を理解し,確認できることで患者フォローが容易にでき,適正な薬物治療が実践されることにつながる.現在は様々な領域で診療ガイドラインが作成され,臨床に提供されているが,本書も診療ガイドラインのアップデートや新規治療薬の上市などに対応するため,それらの情報を加えて改訂2版の編集を行った.今後も,最新の情報を取り入れ,医療,臨床で,ますます使いやすい書籍になっていくことを目指し,継続的に改訂を行っていくことを考えている.
 すでに本書がいくつかの薬学部,看護学部では教科書として取り上げられているとの情報が届いているが,職種の枠をこえ,PBPMを実践する医師や研修医をはじめ医学生,看護学生にも利用されることを期待したい.標準的な薬物治療を専門以外でも一目で確認できることが本書の主目的である.多くの医療スタッフに活用され,客観的,科学的なエビデンスに基づいた薬物治療が実践されることを期待したい.

2015年秋
日本アプライド・セラピューティクス学会標準薬物治療委員会
富士重工業健康保険組合太田記念病院薬剤部部長
山藤満

目次

■循環器疾患
 1 本態性高血圧症
 2 慢性心不全
 3 ST上昇型急性心筋梗塞(STEMI):急性期
 4 急性肺血栓塞栓症
 5 虚血性心疾患二次予防
 6 冠攣縮性狭心症
 7 深部静脈血栓症
 8 心房細動
 9 感染性心内膜炎
 10 冠動脈ステント治療における抗凝固・抗血小板療法

■呼吸器疾患
 11 成人気管支喘息
 12 慢性閉塞性肺疾患(COPD)

■消化器疾患
 13 消化性潰瘍
 14 潰瘍性大腸炎
 15 急性膵炎
 16 慢性膵炎
 17 胆石症
 18 C型慢性肝炎

■腎・泌尿器疾患
 19 慢性腎臓病(CKD)
 20 ネフローゼ症候群

■内分泌・代謝疾患
 21 脂質異常症
 22 2型糖尿病
 23 甲状腺機能亢進症
 24 高尿酸血症・痛風

■血液・免疫疾患
 25 再生不良性貧血
 26 鉄欠乏性貧血
 27 関節リウマチ
 28 全身性エリテマトーデス(SLE)

■神経・精神疾患
 29 脳梗塞
 30 パーキンソン病
 31 てんかん
 32 統合失調症
 33 大うつ病性障害
 34 アルツハイマー病
 35 原発性不眠症

■骨・関節疾患
 36 骨粗鬆症

■眼・耳鼻疾患
 37 緑内障
 38 中耳炎
 39 アレルギー性鼻炎

■皮膚疾患
 40 アトピー性皮膚炎

■感染症
 41 市中肺炎
 42 院内肺炎
 43 細菌性髄膜炎
 44 尿路感染症
 45 肺結核
 46 HIV感染症/AIDS
 47 帯状疱疹
 48 敗血症

■悪性腫瘍
 49 胃癌
 50 大腸癌
 51 初期乳癌
 52 転移・再発乳癌 
 53 小細胞肺癌(SCLC)
 54 非小細胞肺癌(NSCLC)
 55 卵巣癌(上皮性卵巣癌)
 56 子宮頸癌
 57 子宮体癌
 58 前立腺癌
 59 急性骨髄性白血病(AML)
 60 急性リンパ性白血病(ALL)
 61 慢性骨髄性白血病(CML)・慢性リンパ性白血病(CLL)
 62 悪性リンパ腫
 63 多発性骨髄腫
 64 発熱性好中球減少症 
 65 抗がん剤による悪心・嘔吐
 66 がん疼痛