書籍カテゴリー:臨床薬学|皮膚科学

スキルアップのための皮膚外用剤Q&A
立ち読み

在庫状況:在庫あり

スキルアップシリーズ
スキルアップのための皮膚外用剤Q&A

第2版

  • 東京逓信病院薬剤部 副薬剤部長 大谷道輝 著

定価:3,240円(本体3,000円+税8%)

  • A5判 391頁
  • 2011年10月 発行
  • ISBN978-4-525-77672-5

概要

皮膚外用剤解説書の決定版!臨床現場ですぐに役立つ製剤学的な基礎知識と,調剤・服薬説明で必要不可欠な知識を具体的に解説.臨床現場で必要な皮膚疾患の診断・治療ガイドライン,検査委方法なども含めた新しい情報をアップデートし,Q&Aを100にした.この1冊で薬剤師に必要な皮膚外用剤の知識が身に付く.

序文

 薬物療法では薬の有益性の理解度が服薬アドヒアランスや継続性に大きく影響することが知られています.そのため,医療従事者は患者や保護者に対して,薬の服薬説明を行ってきました.これら服薬説明は内服剤を中心に行われており,軟膏やクリームなどの皮膚外用剤についてはあまり行われていないのが現状でした.
 そこで,皮膚外用剤を処方する医師,調剤する薬剤師,患者に処置する看護師の皆様に臨床現場で活用して頂くために,2005年に「スキルアップのための皮膚外用剤Q&A」を上梓させていただきました.本書は非常に多くの医療従事者の皆様にご購読頂き,増刷を行ってきましたが,発売後ガイドラインの改訂や新たな知見なども増えたことから,この度改訂することになりました.
 改訂にあたり,皆様のご意見やご助言を取り入れ,Q&Aを77から100に大幅に増加しました.アトピー性皮膚炎などをはじめとしたガイドラインにつきましても最新版を参考にしました.関連する論文等につきましても,臨床で生かせるように最新のものを選んで収載しました.
 本書の改訂版が臨床現場において,皮膚外用剤に対して少しでも関心を高め,処方設計や服薬説明に役立ち患者の福音となることを祈念しています.

2011年秋
東京逓信病院 副薬剤部長 大谷道輝

目次

■基礎知識
Q 01  皮膚の構造と微量元素
ヒトの皮膚は広げると畳1枚分?

Q 02  セラミド
セラミドって皮膚をバリアしているの?

Q 03  皮膚の評価
客観的な皮膚の評価はどうすればいいの?

Q 04  皮膚にまつわる難読漢字
?癰?疣贅????

Q 05  商品名と剤形
『ザーネ軟膏』は軟膏ではない?

Q 06  冷感湿布と温感湿布の違いは?
温感湿布を貼ると,皮膚の温度は上がるの?

Q 07  保湿剤塗布時期の迷信
保湿剤は風呂上がりに塗るといいの?

Q 08  皮膚外用剤の基剤
同じ主薬なのに違う基剤…どんな効果を期待しているの?

Q 09  皮膚外用剤の剤形
皮膚外用剤の剤形の特徴は?

Q 10  外用剤のジェネリック医薬品の同等性
ジェネリック医薬品に切り替えて大丈夫?

Q 11  プロペトの特性
プロペトと白色ワセリンはどう違うの?

Q 12  ゲ ル
ゲルってなに?

Q 13  プラスチベース
ワセリンとプラスチベースはなにが違うの?

Q 14  ラノリンによる接触皮膚炎
接触皮膚炎の原因のラノリンってなに?

Q 15  研和補助剤の選択
油脂性基剤なら,研和補助剤はなにを使えばいいの?

Q 16  皮膚外用剤の添加物
添加物ってどんなものがあるの?

Q 17  皮膚外用剤の混合の現状
なぜ軟膏剤を混合するの?

Q 18  皮膚外用剤の混合の原則
軟膏とゲルはちゃんと混合されるの?

Q 19  ステロイド外用剤の希釈
ステロイド外用剤をワセリンで薄めると効果はどうなるの?

Q 20  皮膚外用剤の混合後の含量
ステロイドは酸性,アルカリ性,どちらが安定?

Q 21  皮膚外用剤の混合における先発医薬品と後発医薬品
先発医薬品と同じように後発医薬品も混合していいの?

Q 22  皮膚外用剤の混合後の皮膚透過性
ステロイド濃度を半分に希釈すれば,透過率も半分なの?

Q 23  皮膚外用剤の吸収と溶解度
主薬の濃度が2倍なら,吸収量も2倍?

Q 24  皮膚外用剤の吸収(1)
踵とホッぺは吸収量が違うの?

Q 25  皮膚外用剤の吸収(2)
風呂上がりに湿布剤を貼るのはなぜ?

Q 26  皮膚外用剤の吸収に影響を与える因子
同じような湿疹なら,おばあちゃんと同じ軟膏でもいいの?

Q 27  皮膚外用剤の吸収と疾患の関係
角層の状態は吸収にどの程度影響するの?

Q 28  軟膏の塗り方と吸収
単純塗布と単純塗擦はどのように違うの?

Q 29  経皮治療システム
TTS製剤にはどんな種類があるの?

Q 30  古典的な皮膚外用剤の特徴と使用法
いい皮膚科医の条件?

Q 31  亜鉛華軟膏と亜鉛華単軟膏
違いを知っていますか?

Q 32  代表的な皮膚外用剤の院内製剤
院内製剤の作り方,教えてください!

Q 33  皮膚外用剤の適応
滲出液が多い場合,基剤はどれにすればいいの?

Q 34  軟膏基剤の滅菌方法
乾熱滅菌と高圧蒸気滅菌,どちらがいいの?

Q 35  軟膏剤の細菌汚染
軟膏でも細菌は増えてしまうの?

Q 36  軟膏剤の刺激指数
しみる軟膏,しみない軟膏はどうすればわかるの?


■検査・診断・治療
Q 37  アトピー性皮膚炎のガイドライン
2つのガイドラインあるって本当? なにが違うの?

Q 38  尋常性瘡治療ガイドライン
尋常性瘡治療ガイドラインにはなにが書いてあるの?

Q 39  円形脱毛症ガイドライン
漢方薬は円形脱毛症に効くの?

Q 40  パッチテスト
パッチテスト用の軟膏の作り方はなにがいいの?

Q 41  スクラッチテスト,プリックテスト
どのようにアレルギーの陽性と陰性を判断するの?

Q 42  内服テスト
どんな患者さんにするテストなの?

Q 43  皮膚外用剤使用時に必要な検査
添付文書のどこに必要な検査の記載があるの?

Q 44  寄生虫と皮膚疾患(1)
普通の疥癬とノルウェー疥癬は治療法も違うの?

Q 45  寄生虫と皮膚疾患(2)
シラミってなに?  176
Q 46  光線(PUVA)療法
光線療法にはどんな方法があるの?

Q 47  レーザー療法
レーザー療法にはどんな種類があるの?


■相互作用・副作用・禁忌

Q 48  皮膚外用剤の禁忌
薬剤別の使用禁忌を教えてください!

Q 49  皮膚外用剤の相互作用
皮膚外用剤にも相互作用があるの?

Q 50  皮膚外用剤の副作用で死亡例
非ステロイド系消炎鎮痛剤の副作用は外用剤でも注意が必要?

Q 51  ステロイド外用剤による全身性の副作用
ステロイドは1日に何gまでなら副作用が少ないと考えられるの?

Q 52  妊娠中のステロイド外用剤の使用
妊娠3ヵ月の妊婦にステロイド軟膏が処方されているけど大丈夫?

Q 53  妊娠時の薬剤投与法
妊娠時には薬の投与は添付文書で判断すればいいの?

Q 54  ブフェキサマク含有軟膏剤による接触皮膚炎
接触皮膚炎が起こりやすい皮膚外用剤ってなに?

Q 55  点耳剤の適正使用
点耳剤による全身性の副作用を知っていますか?

Q 56  ラテックスアレルギー(LA)
LAのひとはパウダーフリーの手袋がいいの?

Q 57  ラテックスフルーツアレルギー
ラテックスフルーツアレルギーは植物ホルモンが原因なの?

Q 58  口腔アレルギー症候群と花粉症の関係
口腔アレルギー症候群と花粉症に関係があるの?

Q 59  加水分解コムギ末による食物依存性運動誘発アレルギー
石鹸でも食物依存性運動誘発アレルギーが起こるの?

Q 60  アトピー性皮膚炎の増悪因子
ダニ,ハウスダスト以外はなにに注意すればいいの?

Q 61  点眼薬による接触皮膚炎
点眼薬でも接触皮膚炎は起こるの?



■適応と使い方
Q 62  ステロイドのランク(1)
ステロイドのランクはどうなっているの?

Q 63  ステロイドのランク(2)
ステロイド外用剤のランクは変わった?

Q 64  軟膏の必要量
軟膏の至適な塗布量はどのくらい?

Q 65  皮膚外用剤の保存方法
一度溶けた軟膏は使えないの?

Q 66  ユベラ軟膏剤の黄変
黄色くなったユベラ軟膏は使えないの?

Q 67  抗真菌剤の種類と適応
水虫に効果的な薬剤は?

Q 68  サンスクリーンの適応
SPFが高いものを使えば日焼けは大丈夫なの?
Q 69  皮膚外用剤を塗る順序
塗る順序で作用に差はあるの?

Q 70  デュロテップパッチの廃棄
使用済みのデュロテップパッチなら,ゴミ箱に捨ててもいいの?

Q 71  デュロテップパッチの加温
デュロテップパッチを貼って,長風呂してもいいの?

Q 72  DESIGN-R(2008年改訂版)
DESIGN-Rは2002年版DESIGN分類と何が違うの?

Q 73  褥瘡の病期別の薬学的ケア
黒色期,黄色期などの瘡の病期別に治療のポイントを教えてください!

Q 74  褥瘡治療薬の使用上の注意
褥瘡治療用の皮膚外用剤の使用上の注意について教えてください!

Q 75  ドレッシング材(皮膚欠損用創傷被覆材)
ドレッシング材で褥瘡の治癒が早まりますか?

Q 76  ドレッシング材の選択
ドレッシング材の選択のポイントは?

Q 77  ドレッシング材の剥がし方
どうすれば,ドレッシング材だけ取り除けるの?

Q 78  軟膏の塗り方
軟膏には3つの塗り方がある!?


■その他
Q 79  抗真菌外用剤の適正使用
抗真菌外用剤の使用ではなにを注意すればいいの?

Q 80  薬価の算定
『~軟膏・クリーム』と『~ローション』はなんで同じ薬価なの?

Q 81  イオントフォレーシス
無痛で薬物を経皮吸収できるの?

Q 82  ケミカルピーリング
どんな薬剤をつかうの? ヒリヒリするの?

Q 83  永久脱毛
どのようにしたら永久に毛が生えてこなくなるの?

Q 84  MRI検査で注意すべき貼付剤
MRIの検査ではデュロテップパッチは剥がすの?

Q 85  スキンケア
患者さんへの「スキンケア」についてのアドバイスのポイントは?

Q 86  アトピー性皮膚炎のグループ療法
アトピー患者さんのストレスを和らげるには?

Q 87  透析患者と皮膚疾患
透析患者さんには皮膚疾患が多いの?

Q 88  中枢性の痒み
抗ヒスタミン薬でも効かない痒みはあるの?

Q 89  皮膚疾患の痒みと睡眠障害
痒みに対する治療ではどんな抗ヒスタミン薬を選ぶの?

Q 90  薬剤性の痒み
どのような薬が痒みを誘発するの?

Q 91  絆創膏の使い方
絆創膏をうまく剥がす方法はありますか?

Q 92  コンタクトレンズの消毒
コンタクトレンズの不適切なケアで重症感染症の恐れがあるの?

Q 93  速乾性擦式手指消毒剤の容量は300mLに!
速乾性擦式手指消毒剤はどの容量を採用すればいいの?

Q 94  抗ヒスタミン薬のインペアード・パフォーマンス
抗ヒスタミン薬の副作用は眠気以外になにに注意すればいいの?

Q 95  アトピービジネス
アトピービジネスについて患者さんから相談されたときの対処法は?

Q 96  プロトピック軟膏
プロトピック軟膏の適正使用は?

Q 97  ベセルナクリーム5%
ベセルナクリームの適正使用の注意点は?

Q 98  プロトピック軟膏の間歇投与の有効性
プロトピック軟膏は毎日塗らなくても効くの?

Q 99  不浸透性手袋の着用による皮膚への影響
手袋をしていると皮膚のバリア能は下がるの?

Q 100  外用薬のセルフメディケーションの危険性
外用薬でも副作用が高頻度で発現するの?