書籍カテゴリー:内科学一般|臨床薬学

クスリ早見帖ブック 市販薬354
立ち読み

在庫状況:在庫あり(下旬発売予定)

クスリ早見帖ブック 市販薬354

1版

  • 株式会社プラメドプラス 平 憲二 著

定価:1,944円(本体1,800円+税8%)

  • A4判 94頁
  • 2017年12月 発行
  • ISBN978-4-525-77781-4

概要

医療機関に市販薬の最新情報を常備するために!

病歴聴取の際,家庭で服用した市販薬を聞き出そうとしても正確に思い出せない患者は多い.しかし,製品名は思い出せなくても,外箱や中身の写真を見れば,かなり正確に「このクスリ!」と特定できるという.本書を日常臨床の場に常備することで,服用した市販薬の成分特定を早く正確に導くことができ,適切な診療・処方に役立つことができる.

序文

 本書は,患者さんの服用した市販薬の成分特定を容易にするために制作された本です.
 私は,1991年から臨床医の仕事をしておりますが,患者さんの服用した市販薬を正確に把握し,診療に役立てることは難しいことだと感じておりました.例えば,下記のようなケース.


 ■ケース1:35歳女性 4日前からの発熱と体の節々の痛み
  自宅では高熱で,体の節々が痛かったそうですが,診察時には熱はなく,体の痛みも軽くなっていました.来院前に家にあった市販薬を服用したとのことですが,製品名は覚えていませんでした.自然によくなってきているのでしょうか,それともその市販薬で一時的によくなっているだけなのでしょうか.

 ■ケース2:19歳男性 市販薬の過量服薬
  たくさんの市販薬を過量服薬し,呼びかけに反応しなくなり救急車で搬送.家族によると,市販薬の空き箱などが部屋にあったそうですが,慌てていたため持参されていませんでした.市販薬の成分や量を把握したいところですが,すぐには確認ができませんでした.


 多くのケースで,市販薬の製品名のブランド名や,外箱・錠剤等の色までは,ご説明いただけますが,正確な成分特定には至らないことがほとんどでした.そんな経験から,市販薬の正確な製品名と外箱や中身の写真,そしてその成分・分量を確認できる本があれば,医療現場では役に立つと考えました.
 本書には多くの市販の内服薬を掲載しましたので,まずは全体をご覧ください.コマーシャルでよく耳にするブランド名(多くは2文字から5文字程度のカタカナ)+〇〇のように,類似した製品名で多くのバリエーションがあり,製品毎に成分の配合状況も異なることが分かります.
 そして,市販薬では配合薬が多く,医療用医薬品では使われていない成分も存在します.そのため,どのような効能や副作用があるのか分からない,と感じるかもしれません.
 本書では,市販薬の情報収集が必要な時に役立つよう,「市販薬に使われている成分一覧表」,スマートフォンやタブレットPC経由で添付文書にアクセスできる「QRコード」,「市販薬に関する製薬会社 窓口一覧」を付けました.
 医療現場では正確な情報を短時間で収集することが必要となる場面が多くあります.本書を皆様の業務の場の傍らに置いていただき,日常的にお役立て頂くことを切に願います.

 2017年12月
 株式会社プラメドプラス
 代表取締役 平 憲二

目次

A.ブランド別インデックス
B.医療用漢方製剤 早見表
C.市販薬に使われている成分一覧表
D.掲載内容に関する説明
E.製品ページ
 1)かぜ薬
 2)小児かぜ薬
 3)解熱鎮痛薬
 4)小児解熱鎮痛薬
 5)鎮咳去痰薬
 6)小児鎮咳去痰薬
 7)鼻炎用内服薬
 8)小児鼻炎用内服薬
 9)内服アレルギー用薬
 10)鎮静薬
 11)睡眠改善薬
 12)眠気防止薬
 13)H2遮断薬
 14)制酸薬
 15)胃腸鎮痛鎮痙薬
 16)健胃薬
 17)胃腸薬
 18)整腸薬
 19)止瀉薬
 20)便秘薬
 21)漢方製剤
 22)生薬製剤
 23)ビタミンB2・B6主薬製剤
 24)西洋ハーブ
 25)保健薬
 26)女性用保健薬
F.市販薬に関する製薬会社 窓口一覧