病理画像ケーススタディ


ソフトウェアのスタート画面
700枚以上の画像で病理画像に強くなる!「疾患検索」と「練習問題」の2つのモードで見て,解く,学ぶ!

画像を自由に拡大・縮小,移動できる.また,症例,解説,治療・予後,ポイントを表示.
練習問題はランダムに10問セットで出題.鑑別に役立つ解き方解説付き.

▼機能解説(ソフトウェアの動作サンプルつき)

機能解説・疾患検索

■疾患検索メニュー

各項目をクリックして下位メニューを表示させ,右の「疾患」の項目をクリックすると新規ウィンドウで疾患データ画面が開きます.

■疾患解説画面

タブをクリックして表示情報を切り替えることができます.

また,病理画像はマウスでドラッグすることができ,拡大時に細部を確認できます.フルサイズ画像表示ボタンで,スクリーン全体の大きさで病理画像を確認することもできます.

疾患解説画面・1 疾患解説画面・2
(ポップアップで開きます。開かない場合は、ブラウザの設定でポップアップブロックを解除してください)
推奨ブラウザ:Internet Explorer 7 , Safari 3
プラグインソフト:Adobe Flash Player
ページのトップに戻る▲

機能解説・練習問題

病理学に関する問題がランダムに10問セットで出題されます.問題はすべて5択です.1問ごとに,解答するまでの時間がカウントされ,結果画面では10問合計の時間も表示されます.

■スタート画面

「練習問題を開始」ボタンをクリックすると,問題がランダムに10問選択され,第1問が表示されます.

■問題画面

チェックボックスをクリックして解答し,下の「次の問題へ」ボタンをクリックして次の問題に進みます.

所要時間のカウントは,その問題が表示された時点で開始され,他の問題に移動する時点で停止します.一度開いた問題に戻ると,所要時間はそれ以前にその問題を表示したときの所要時間に加算する形でカウントが継続されます.

出題順に解答する他に,画面下の番号で問題を自由に選択することもできます.

「結果をみる」ボタンをクリックすると,その時点で正誤がわかります.それまでは,問題を移動して何度も解答しなおすことができます.

■結果画面

正解数,合計の所要時間,各問題の解説・正解・所要時間が表示されます.

「解説」ボタンをクリックすると,その問題の解説と問題文が表示されます.

「練習問題トップに戻る」ボタンや上部メニューの「トップ」ボタンをクリックすると,「採点結果は消去されます.よろしいですか?」というダイアログが出ます.終了する場合は「OK」をクリックして下さい.

練習問題 (新しいウィンドウで開きます)
推奨ブラウザ:Internet Explorer 7 , Safari 3
プラグインソフト:Adobe Flash Player
ページのトップに戻る▲