目指せ感染症マスター!抗菌薬処方支援の超実践アプローチ

目指せ感染症マスター!
抗菌薬処方支援の超実践アプローチ

書評

北田光一 先生(日本病院薬剤師会 会長)

 目覚ましい医・薬学の進展とともに薬物療法が複雑・高度化し、薬剤師独自の視点と新たなスキルを持った、より専門性の高い薬剤師の果たすべき役割は益々増大している。それは、薬剤師による積極的な処方提案であり、薬物治療のモニタリングからマネジメントへの展開である。
 抗菌薬の適正使用に関する業務は比較的早期から薬剤師が展開してきた薬剤業務の一つであり、PK-PD理論に基づいた用法・用量の提案など関わりが深い領域であるが、本書は臨床感染症治療における一歩進んだ一味違った抗菌薬の処方提案における具体的な薬学的アプローチを臨場感ある形で示している。第1章では、基本的検査な解説、培養検査と薬剤感受性結果の解釈、薬剤耐性菌への対応など感染症に対する基本が解説されている。第2章では、各種臨床感染症ごとに臨床検査値等の診療情報、病棟あるいは外来で収集した患者情報や臨床経過等から問題点を整理し、抗菌薬処方支援の実践に至るまでの薬学的推論の過程を分かりやすく解説している。「プロフェッショナルな対応の極意」「医師から薬剤師へのアドバイス」の押さえておくべきポイントは感染症をマスターする上で大変参考になる。
 薬剤師は、薬学的アプローチを介して医薬品の適正使用を実践し、個々の患者に対する最適な薬物治療の提供と医療の安全確保に努め、明確な医療への貢献を示すことが求められている。本書では、具体的な臨床場面ごとに患者の症状や病態から何をどのように考えるかが理解できるよう分かりやすく解説されており、臨床感染症に対するより精度の高い薬学的アプローチを展開するために是非とも一読いただき、活用いただきたい書籍である。