目指せ感染症マスター!抗菌薬処方支援の超実践アプローチ

目指せ感染症マスター!
抗菌薬処方支援の超実践アプローチ

書評

山本信夫 先生(日本薬剤師会 会長)

 タイトルに掲げられている「超実践アプローチ」の「超」の意味を、本書を読み解いていくうちに実感することができる。
 臨床で実際に遭遇する症例を提示し、医師から「おすすめの抗菌薬は?」という薬剤師への問い合わせから、Q&A形式で薬剤師が適切な「抗菌薬」を提案するまでの思考過程が詳細に解説されている。吹き出しにある医師と薬剤師のコメントは、ポイントが絞られており、本文の解説の理解がより深まるように構成が工夫されている。本書からはあたかも実際の患者がその場にいるかのような臨場感と緊張感が伝わってくる。しかも、どの診療科でも少なからず直面する「抗菌薬」の処方支援がテーマである。患者の感染症治療になくてはならない抗菌薬だが、その適正使用は耐性菌拡大を防ぐ上で、わが国のみならず今まさに世界的にも重要な課題である。
 症例は病院の外来や入院の患者であるため、患者背景には心音、肺音、腹部などの身体所見や血液、尿、X線などの検査所見が示されているため、一見すると病院薬剤師向けの書籍のようにもみえる。しかしながら、在宅患者を担当する開局の現場でも、この抗菌薬提案への思考過程を十分に理解することは不可欠である。著者が語っているように、薬局薬剤師の活躍の場は、在宅医療をはじめとし、地域全体へと広がっている。今後、地域の医師から「在宅患者におすすめの抗菌薬は?」と処方提案を求められる日もそう遠いことではない。
 薬局薬剤師が地域のチーム医療の一員として、なくてはならない、信頼される「かかりつけ薬剤師」として貢献する上で、本書は、しっかり研鑽積むための格好の書籍となろう。