EPDS活用ガイド

EPDS活用ガイド

産後うつ病スクリーニング法と産後健診での正しい対応

書評

竹田 省(順天堂大学産婦人科学講座 特任教授)

 日本での産後うつ病や妊産褥婦の自殺の深刻な実態が明らかになり,またすぐに対応しないと母親だけでなく次世代を担う子どもたちの身体発育や精神・行動発達などに重大な障害や遅延をきたすことが問題となっている.このため,周産期領域,精神科領域,地域行政などの多職種連携による早急な対策と,一般社会への周産期メンタルヘルスの重要性の認知・周知が叫ばれている.産褥1ヵ月健診では一見問題がなくても,その後にうつ病を発症すると,核家族社会の中で知識がない夫より叱咤激励され,母親はさらに孤立し,病状悪化に追い込まれる.このため,産後の健康診査におけるエディンバラ産後うつ病自己調査票(EPDS)によるスクリーニングは重要であるが,きちんとその方法,評価法を理解して行わないと,かえって混乱を招くばかりか誤った対応となる危険があり,本来の目的が損なわれることになる.
 このたび長年,周産期メンタルヘルス分野の臨床,研究,教育に深く取り組んでこられた我が国のオピニオンリーダーである宗田先生,岡野先生のお二人が執筆,監修された本書が時宜を得て発刊された.“EPDSのトリセツ”にふさわしく,簡便に,容易に理解できるよう,本法の概要,意義,やりかた,評価,解釈,対応などの解説と,多くの疑問に答える形の実践に即したQ & Aとで書かれており,その取扱い,対応の疑問が微に入り細にわたって解説されている.現場で使用される医師,看護師・助産師,地域の行政担当者,保健師さんなどにぜひ一読いただき,実際の使用に役立てていただきたい.EPDSを正しく理解し,正しく使用して,母子の心身ともに健康増進を図り,子育てにやさしい社会づくりを目指していただければと願っている.同時に,周産期メンタルヘルスを広く背景や対応を知りたい方には「これからはじめる周産期メンタルヘルス」(南山堂)をあわせて読むことをお勧めしたい.