ひと目でわかる方剤学

ひと目でわかる方剤学

書評

伊藤 隆 先生 (東京女子医科大学 東洋医学研究所 教授)

 漢方初学者の方々からこんな悩みをよく聞く.「漢方薬のエビデンスが増えてきたけれど,やはり作用機序がよく分からないので,どう使ってよいか分からない.」「エキス剤メーカーのハンドブックだけでなく,漢方医学の入門書も読んでみたが,どうも初学のレベルから先へ進むことができない.」そんな医師・薬剤師に,本書を推薦したい.

 漢方の方剤学はイメージをつかみにくい.それは学問体系が西洋医学を基本にしていないので,どうしても曖昧に見えるからである.この難題に古典に対して常に真摯な森 由雄 氏が立ち向かった.

 本を開いてびっくり!漫画の絵が多い!その親しみやすさに,素人を対象にした書物と勘違いしそうである.専門医の立場からよく見ると,この漫画が各々の方剤の証のイメージを的確に表現していることにまた驚かされる.著者とイラストレーターとの間では,かなり密なコミュニケーションが行われたのであろう.似通った証同士のニュアンスの違いまで,かつてなく絶妙に表現されているのである.

 内容をのぞいてみよう.「表剤」「和剤」「下剤」「涼剤」「温剤」「気剤」「血剤」「水剤」「皮膚外科剤」と,全体の構成は,誠に教科書的である.各章ごとに総論的な解説があり,方剤の鑑別はチャート図で明快に示されている.各々の方剤ごとには,方意,構成,分析(薬能),薬方の由来,症状,古典,口訣,解説,そしてメーカーごとの適応病名まで,簡潔に,手際よく整理されている.診療ハンドブックとして常備できるよう,詳しすぎず,しかも要点は漏らささぬよう配慮されている.

 この一冊を熟読玩味すれば,漢方初学者だけでなく,一般の素人の方でも漢方専門医レベルに達しうる仕掛けがあちらこちらに張り巡らされている.誠に脱帽の出来である.私も診察室に常備させていただくことにした.