ひと目でわかる方剤学

ひと目でわかる方剤学

書評

林 明宗 先生 (神奈川県立がんセンター 漢方サポートセンター 東洋医学科 部長)

 森 由雄 先生は,元来は小児科・内科医師であったが,現代医学の抱える問題に苦慮されていた頃,偶然大塚敬節 先生の『漢方診療三十年』に出合い,漢方に魅了されたとのことである.独学では満足せず,寺師睦宗 先生,山田光胤 先生,丁 宗鐵 先生らの薫陶を受けて今日に至っている.

 漢方学習書は近年多数出版されているが,勉強の過程で方剤学の学習は避けては通れない.しかし,膨大な数の方剤を習得すべきプロセスで頓挫することが少なくない.そのため,古来より多くの方剤学のマニュアル本が出版されている.本書もその一つである.

 評者は「ひと目でわかる云々」という安易な学習を示唆するような表題は本来好むところではない.それは,いにしえのユークリッドの名言「幾何学に王道なし」を是とするからである.
しかし,簡単に方剤学を習得できるような王道(近道)こそないものの,あえて遠回りをせずにすむ書物を選択する道は残される.
本書には類書にない特徴がある:①初学者向けの簡単な漢方総論と用語説明(巻末),②著者の臨床経験に依拠した方剤分類,③簡潔なレイアウトと図示,④原典の条文・詳細な口訣とそれらの口語訳の併記(これが最も特徴的である).これらだけでも,関連資料を収集する時間と労力から解放され一読する価値が生まれる.

 最後に,いかなる入門書でも簡単であるということはない.本書も森 先生の豊富な臨床経験の裏打ちがあってこそ活用できるのであって,行間を埋めた著者の暗黙知(言葉や文章では表現しにくいノウハウなど)を理解するために臨床現場で大いに活用していただきたい.
そして,さらにもう一段上の学習レベルにつながれば著者の望外の幸せとなろう.