抗菌薬Navi

もう迷わない!

抗菌薬Navi

書評

手に取った瞬間から使える一冊

村木 優一(京都薬科大学 臨床薬剤疫学分野 教授)

 感染症は、入院患者や外来患者、健常人、小児、高齢者など、状況に関わらずすべての人に発症する。そのため、感染症治療に関与できるスキルを身につけることはすべての薬剤師にとって武器となる。また、感染症治療で薬剤師が関与できる内容は、病態や医薬品の特性を理解した上での選択や病態に応じた投与量の調節、調製方法や投与経路、服用方法の指導や投与後の薬効・副作用評価など多岐に渡り、患者の予後に直結することからやりがいも大きい。一方、関わる内容が多岐に渡るため、初学者にとっては、それが障害となることも多いと思う。そのような時、手に取りたい一冊に「抗菌薬Navi」がある。
 さまざまな感染症の書籍があるなか、本書では「薬」を起点として3段階+αでまとめられているのが大きな特徴である。まず、初学者は、理解しておくべき最低限の情報が系統別にまとめられているSTEP 1を読めば良い。各系統の特徴がなんとなくでも理解できればSTEP 2に進み、どのような感染症や微生物に対して使用されるのか学ぶ。そして、STEP 3では適切な投与方法を行うために必要な知識を習得できる。STEP 3まで理解できた読者は、専門・認定薬剤師を目指して、最後に+αとして「一歩進んだ臨床応用」を読み進めると良い。
 特に、STEP 1では、図や表が多く用いられ、初学者の理解を助ける配慮がなされており、本改訂版からは具体的な処方例も示されていることが嬉しい。さらに、感染症治療を取り巻くさまざまな話題もコラムとして挿入されているため飽きさせない内容となっている。C型肝炎治療薬など最近の医薬品についても今回の改訂で追記されており、初版を持っている薬剤師にも是非見比べてほしい。
 本書籍の編著である坂野昌志先生や監修の三鴨廣繁先生、ほかの執筆者の先生方は、私が東海地区で多くの薬剤師と認定・専門薬剤師の育成や抗菌薬使用量の調査研究を行った2007年当初から共に活動させてもらった尊敬すべき先生方であり、本書籍にはこれまでの苦い経験や反省、必要性や今後の発展などさまざまな「熱い想い」が込められた渾身の一冊になっていると感じている。