バックナンバー

「治療」2018年5月 Vol.100 No.5

在庫状況:在庫あり

2018年5月 Vol.100 No.5
Point of Care超音波
部位別・症候別,これだけは外せない!

定価:2,700円(本体2,500円+税8%)

今月の視点

ちょっとエコーでも診てみよう

 まずは1つ質問に答えていただきたい.あなたは携帯電話をもっているだろうか? くだらないことを聞くな,忙しいのに! 何を今更,と思った人がほとんどではないだろうか.今や1人に1台は当たり前の時代である.それどころか1人で2台,3台もっている人もまれではない.しかし30年前,世の中に携帯が誕生したときに誰がこの状況を予想できただろうか? 当時はショルダーフォンといって重さ約3kg,肩に担いで携帯していたのだ! それが今や文庫本より小さく,薄く,軽く,そして写真まで撮影できてジャケットのポケットにすっぽり収まっている.それがここまで普及した背景には小型軽量化,機能の向上,価格の低下をあげることができる.あれ? この台詞,どこかで聞いたことあるな? 勘のいい読者の皆さんならもうおわかりだと思うがエコーも全く同様である.
 さらに近年ではベッドサイドで病歴聴取,身体診察の延長としてのエコー,Point of Care Ultrasound(POCUS)が注目されている.従来の検査室での系統だったエコー検査とは異なり,診断や処置,治療に直結する所見のみを探しにいくため目標指向型あるいは問題解決型と呼ばれ,いつでも(24時間),どこでも(診療所,災害現場など),誰でも(研修医)すぐにできるようになるという特徴がある.
 そんなおいしいとこ取りのPOCUSにもかかわらず,さらに一番おいしいとこだけ知りたい(point of careのポイント)というなんとも贅沢な企画が本特集である.ひょっとしたら10年後には携帯電話のように1人1台ポケットエコーを聴診器代わりに診察している時代が来るかもしれない.その時にこの特集をあの時読んでてよかった! そう思っていただけると幸いである,というのがささやかな願いである.

[編集幹事]福井県立病院 救命救急センター 瀬良 誠

特集の目次

■総 論
イントロダクション(瀬良 誠)

■部位別,これだけは外せない!
FAST(和田 亨)
肺(大宮浩揮)
胸 水 ─胸腔内液体の評価─(東 秀律)
腎 臓 ─尿管結石疑い患者の対応とピットフォール─(市場稔久)
腹部大動脈瘤 ─見つけたらドキドキ ! ─(馬庭幸詩,他)
急性虫垂炎 ─たかがアッペ,されどアッペ─(瀬良 誠)
腸重積症(竹井寛和)
腸閉塞 ─それ行け! さっさと造影 CT ! ……とする前にやってみよう─(東 裕之)
陰 嚢 ─To twist or not to twist, that is the question─(三好祐輔)
心 臓 ─左室収縮能─(西川哲生)
眼 球(茂見 瞭)
気 道(福山唯太,他)
整形エコー ─主に骨折の診断法─(小淵岳恒)
胆 嚢(瀬川 翔)
深部静脈血栓症(DVT)─みるのはたった2つ!─(狩野謙一)
皮膚軟部組織 ─蜂窩織炎と皮下腫瘍を中心に─(内倉淑男)
肺塞栓症─not CT,but US─(渡邉宏樹)

■症候別,これだけは外せない!
呼吸困難(野浪 豪)
腹 痛(山田直樹)
ショック ─急いで RUSH exam─(西沢拓也)
心肺停止(瀬良 誠)
IVC ─誰もがみる,でも一番使えない(!?)観察部位─(松本 敬)
胸 痛 ─的を絞って rule in, rule out !─(松本 敬)

連 載

今月のお薬ランキング(26)
SGLT2 阻害薬(浜田康次)

「治療」「薬局」合同連載 Dr. ヤンデルの言葉のネタ帳
〜“病院ことば”の,じっくり,例えば,結局は〜(14)
ギャグと下ネタに耐えた人だけがフォロワーとして生き残る〜 Note14.「耐性」を言い換える〜(市原 真)