次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2018年7月 Vol.100 No.7
プライマリ・ケア臨床研究

定価:2,700円(本体2,500円+税8%)

特集の目次

(特 集)
プライマリ・ケア臨床研究

(編集幹事)
松島雅人(東京慈恵会医科大学総合医科学研究センター臨床疫学研究部)


▸プライマリ・ケアの専門性を活かした研究って?
▸診療と研究の両立って可能?

(特 集)
◆プライマリ・ケア研究の歴史とテーマ
家庭医の立場から (藤沼康樹)
病院総合診療医の立場から (尾藤誠司)

◆プライマリ・ケア医は何を研究するべきか
倫理研究 研究倫理:研究をすることについてプライマリ・ケア医が知っておくべきこと (三浦靖彦)
プライマリ・ケアとアクションリサーチ(CBPR含む) (孫 大輔)
プライマリ・ケアと教育研究について (春田淳志)
プライマリ・ケアの質に関する研究(ヘルスサービス研究) (青木拓也)
プライマリ・ケア研究と臨床薬理 (植田真一郎)
LGBTの研究 (吉田絵理子)

◆臨床研究をすると臨床能力が向上するのか?
自験例として複雑性─PCAM社会的処方 (吉田秀平)
プライマリ・ケア研究 (青松棟吉)
地域病院での臨床研究 (坂戸慶一郎)

◆プライマリ・ケア研究での学ぶ工夫,実施する工夫 (自験例も含めて)
PBRN(practice-based research network) (渡邉隆将)
診療所勤務でいかに効率的に研究を行っていくか? (金子 惇)
病院総合診療医としての病院データの活用 (林 哲朗)
統計家からみたプライマリ・ケア研究(プライマリ・ケア研究に何が足りないのか? 統計家との連係の重要性) (市川周平)
留学をどう活かすか? なぜ留学したのか? 留学までの手続き.留学で何を学べるのか? (公衆衛生大学院への海外留学) (岩田啓芳)


(連 載)

今月のお薬ランキング(28)(浜田康次)

Dr. ヤンデルの言葉のネタ帳(16)(市原 真)