次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2019年2月 Vol.101 No.2
検査で異常がない消化器症状・疾患

定価:2,700円(本体2,500円+税8%)

特集の目次

(特 集)
検査で異常がない消化器症状・疾患

(編集幹事)
木村琢磨(北里大学医学部 地域総合医療学)

問 GERDを改善させるには就寝時,どの向きになるのがよい?
問 IBSで血便を認めることはある?

(特 集)

◆検査で異常がない消化器症状・疾患という前に
慢性の上腹部症状への診断的アプローチ(石丸裕康)
慢性下痢への診断的アプローチ(佐田美和,他)
慢性便秘への診断的アプローチ(江口忠志)
 
◆検査で異常がない消化器疾患へのアプローチ
胃食道逆流症(gastro esophageal reflux disease: GERD)患者への生活指導(大熊幹二)
胃食道逆流症(gastro esophageal reflux disease: GERD)に対する薬物療法(富永健司)
機能性ディスペプシア(functional dyspepsia: FD)患者への生活指導・薬物療法(飯田 洋)
過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome: IBS)の患者への生活指導(阿部 剛)
過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome: IBS)の薬物療法(山田英司,他)
高齢者の慢性便秘への生活指導(木村琢磨)
高齢者の慢性便秘(機能性)への薬物療法(水上 健)
 
◆検査で異常がない消化器症状へのアプローチ
うつ,不安障害などに伴う消化器症状(櫻井秀樹,他)
小児・思春期患者の腹痛へのアプローチ(花戸貴司)
検査で異常がない消化器症状を訴える患者への向き合い方のコツ(大西規史,他)

(連 載)
今月のお薬ランキング(浜田康次)
飯塚☆漢方カンファレンス(吉永 亮)
映画で読み解く医療 —シネメデュケーション(映画医療教育)—(宇井千穂)