最新号

「治療」2017年4月 Vol.99 No.4

在庫状況:在庫あり

2017年4月 Vol.99 No.4
耳鼻咽喉科for総合診療

定価:2,700円(本体2,500円+税8%)

今月の視点

専門医とのgapを埋めて,お互いがWin-Winの関係になれるように

 ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが,筆者はもともと耳鼻咽喉科を専攻しておりました.その後,ある本との出会いによって,総合診療を志すようになり,各施設で研修を行い現在に至ります.耳鼻咽喉科医としても,総合診療医としても,中途半端な筆者ですが,唯一の強みとしては,両方の立場を経験した者として,それぞれの思い(悩み)に共感できることではないかと思います.もともと耳鼻咽喉科医の筆者ですが,今の施設で耳鼻咽喉科疾患に遭遇した際に,ここにある道具でどこまで対応できるかな……というのは悩ましい問題です.「あの道具があれば対応できるのになぁ」と思いながら,耳鼻咽喉科の先生に紹介することもしばしばあります(単に腕が落ちただけということもありますが……(苦笑)).また,これは最初から専門医に紹介してほしいなぁという緊急疾患や,一般医の先生ががんばりすぎることによって,その後の耳鼻咽喉科の処置が難しくなる場合もあります.
 本特集では,非耳鼻咽喉科医の先生と耳鼻咽喉科医の間のgapを埋め,お互いがWin-Winの関係になれるような内容を目標としました.今回取り上げた項目は,非耳鼻咽喉科医向けの耳鼻咽喉科セミナーの開催経験から感じた,「本当に一般医が知りたいこと,疑問に思っていること」について取り上げました.後半のQ&Aの部分も,実際に質問があった項目について取り上げております.執筆者の先生方も,臨床の現場の第一線で勤務されており,一般医の先生方への教育に理解のある先生方にお願い致しました.皆さんが日常診療で耳鼻咽喉科疾患に遭遇した際に,頼りにされる特集となりましたら幸いです.

[編集幹事]井上病院 総合内科 高橋優二

特集の目次

■総 論
─耳 編
耳鏡の使い方(梅木 寛)
鼓膜所見の書き方(梅木 寛)
耳垢の取り方(梅木 寛)
外耳道異物(高橋優二)
耳鳴り(宮崎浩充)
中耳炎あれこれ(永田理希)
難 聴(宮崎浩充)
緊急性が高い難聴(宮崎浩充)

─鼻 編
鼻鏡の使い方(梅木 寛)
鼻所見の書き方(梅木 寛)
アレルギー性鼻炎(梅木 寛)
鼻出血(梅木 寛)
鼻腔異物(高橋優二)
急性鼻副鼻腔炎(永田理希)

─咽喉頭・頭頸部編
喉頭ファイバーの使い方(西 秀昭)
喉頭ファイバーの所見の書き方(西 秀昭)
咽頭の診かた(永田理希)
緊急性の高い咽喉頭疾患(永田理希)
咽頭異物(西 秀昭)
嚥下障害(梅木 寛)
気道緊急の対処法(西 秀昭)

─めまい編
眼振の診かた(宮崎浩充)
めまいの鑑別 (宮崎浩充)
BPPVとEpley 法(宮崎浩充)
めまいリハビリ(宮崎浩充)

■Q&A
─耳 編
鼓膜損傷の状況別対応を教えてください ─飛行機のなか,花火大会の爆音・圧力,ケンカによる外傷─ (宮崎浩充)
補聴器の導入・使い方などを教えてください(宮崎浩充)

─鼻 編
副鼻腔炎のドレナージが必要な症例を教えてください(永田理希)

─咽喉頭・頭頸部編
気管チューブの正しい交換方法を教えてください(西 秀昭)
嗄声の患者にはどのような点に注意して診察すればいいですか?(西 秀昭)
のどがつまった感じがするという症状で来院した患者への対応を教えてください(西 秀昭)
頭頸部の悪性腫瘍の早期発見のTipsがあれば教えてください(西 秀昭)

─めまい編
Frenzel眼鏡がない時はどのようにすれば眼振が診やすくなりますか?(宮崎浩充)

■コラム
非専門医が耳鼻科疾患に対応する際に診察室に揃えておきたい道具(高橋優二)

連載

今月のお薬ランキング(13)
抗てんかん薬(浜田康次)

「 治療」「薬局」合同連載 ポリファーマシー“ 処方整理力”を鍛える! Dトレ(13)
β遮断薬を考える!(矢吹 拓)

ゼロからわかる遠隔医療(10)
オンライン診療の発展を考える(竹村昌敏)〈監修〉exMedio

楽しく臨床(12)
診療の実力が問われる在宅ケア(宮森 正)

「治療」「薬局」合同連載 Dr. ヤンデルの言葉のネタ帳
―“病院ことば”の,じっくり,例えば,結局は―(1)
このままではいかんかい ―Note1.「寛解」を言い換える―(市原 真)