最新号

「Rp.+レシピプラス」2019年春号 Vol.18 No.2

在庫状況:在庫あり

2019年春号 Vol.18 No.2
今どきの抗うつ薬処方
ここでも使える!! SSRI,SNRI,NaSSA

ISBN: 978-4-525-92192-7

定価:1,296円(本体1,200円+税8%)

三輪高市/村上 理/浜田康次/中村友喜/浅井考介/柴田奈央/岡本明大/奥田真弘/山本 巌/浅羽宏一/青島周一/桑原秀徳/山本雅洋

はじめに

鈴鹿医療科学大学薬学部 教授 三輪高市

 本号では,1999年以降に発売された抗うつ薬,選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI),セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI),ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬(NaSSA)に関する情報を中心に解説しました.
 これらの新規抗うつ薬は抗うつ作用のみならず,不安障害や慢性疼痛にも効果が期待され,保険適用が認められている薬剤もあります.不安障害や慢性疼痛の患者は,心因的な問題を多く抱えていることが多く,薬物療法は大変な困難を伴います.新規抗うつ薬によって,治療を大きくバックアップする薬物療法の土台が構築されたことは,飛躍的な進歩だと思われます.
 うつ病,不安障害,慢性疼痛は,3者とも病気の苦しみが“当事者”以外に理解されにくい疾患です.さまざまな啓発活動を通じて社会に情報が提供されていますが,患者さんの苦しみの本質を理解することは困難です.しかし,近年では治療環境が整えられ,われわれ医療者は患者の苦しみを軽減できるチャンスを手に入れることができました.
 うつ病患者の薬物療法を積極的にサポートできること,また,抗うつ薬がうつ病ではない患者へ処方されたときに適切な情報提供や薬学管理が実践できること,そのための知識やスキルをアップデートすることなどが,薬のスペシャリストである薬剤師に求められています.この課題をクリアすることが,より高度なチーム医療の実践にもつながることとなるでしょう.
 本特集が,新規抗うつ薬のもつ力を理解する一助となり,患者の苦しみを少しでも解消することにつながれば幸いです.

抗うつ薬の20年史─わかったこと・かわったこと

・抗うつ薬が登場するまでの時代
・三環系および四環系抗うつ薬の時代
・SSRI,SNRIの登場
・NaSSAの登場
・抗うつ薬はうつ病・うつ状態以外にも使用されている

抗うつ薬の作用メカニズムをひも解く

1. 脳と神経のしくみと抗うつ薬
2. うつ病の病態生理と抗うつ薬の効果
3. 不安障害の病態生理と抗うつ薬の効果
4. 慢性疼痛の病態生理と抗うつ薬の効果
5. 抗うつ薬の本当の「かたち」
コラム:ハロゲン化薬剤の特徴

臨床に役立つ新規抗うつ薬のプロファイル

1. SSRI
2. SNRI
3. NaSSA

新規抗うつ薬による治療とその薬学管理

1. 投与プランの基本
2. 使い分け
3. 慢性疼痛時の抗うつ薬の使用方法
4. 新規抗うつ薬投与時にみられる周辺症状のコントロール
  ・睡眠障害 
  ・ストレス管理
  ・非薬物療法
5. 抗うつ薬の服薬指導・薬学的管理のコツ
  ・初回の服薬指導―うつの特徴を理解しポイント絞った服薬指導を
  ・急性期(〜服薬12週頃)の服薬指導―不安をやわらげ信頼関係の構築を
  ・服薬継続・維持期の服薬指導―継続服薬できるようフォローアップを

処方例から学ぶ! 新規抗うつ薬

case 1 うつ病の再燃によって抗うつ薬が再開された疾患名不明の40代男性
case 2 新規抗うつ薬を長期服用している30代女性
case 3 神経障害性疼痛に抗うつ薬を処方された50代男性

Series

・最近のコクシ
 抗うつ薬
・ハマゾン.co.jp
 万願寺・偉人クリニック
・生薬スロットでわかる漢方薬
 抑うつ状態
・エビデンスと実臨床の架け橋~臨床疑問のゆくえ~
 初めて使う抗うつ薬はどれが一番よいのでしょうか?

巻末付録

・医薬品集カスタマイズツール
 新規抗うつ薬

次号予告

・慢性心不全