最新号

「薬局」2017年11月 Vol.68 No.12

在庫状況:在庫あり

2017年11月 Vol.68 No.12
術前休止薬
各診療科におけるスタンダードと例外

定価:2,160円(本体2,000円+税8%)

特集の目次

■特集にあたって(畑 啓昭)

■術前休止薬と休止期間の基礎理論(畑 啓昭)

■各専門領域における術前休止薬のスタンダードと例外
・消化器外科(佐治 雅史 ほか)
・心臓血管外科(白神 幸太郎)
・呼吸器外科(小島 史嗣)
・脳神経外科(菊池 隆幸)
・泌尿器科(後藤 崇之)
・乳腺・内分泌外科(枝園 忠彦)
・整形外科(大野 久美子 ほか)
・形成外科(瀬﨑 伸一)
・耳鼻咽喉科・頭頸部外科(嘉田 真平)
・眼科(能美 なな実)
・歯科・口腔外科(岡本 喜之)

■術前における薬学的管理の実践ポイント(柴田 ゆうか ほか)

シリーズ

■子どもの皮膚トラブル -薬局・薬店でのアドバイスのコツ-
(山本 一哉)

■医療マンダラ ~思考と感性のセンスを磨く~
コミュニケーションには癒しがある! なぜなのか?
~長い人類の歴史がそのわけを教えてくれる!~
(中野 重行)

■Dr. ヤンデルの言葉のネタ帳 ~“病院ことば”の,じっくり,例えば,結局は~
簡単に考えてはいかんぞう ~Note 8. 「γ-GTP」を言い換える~
(市原 真)

■薬立つブレイクスルー! メディカル・レコード書き方講座
小児・保護者へ指導をした際の記録
(寺沢 匡史/片山 智章)

■プロフェッショナルEYE 専門薬剤師からみた勘所
包括的な患者情報と薬剤確認により回避可能な薬剤有害事象を予防しよう
(門村 将太)

■医療従事者のギモンや困ったに答える! 特許のキホン
(黒田 薫)

■「治療」「薬局」合同連載 ポリファーマシー “処方整理力”を鍛える!
おしっこ問題の表と裏
(矢吹 拓)

■緩和ケアでの問題解決力を磨く! 薬剤師のための5ステップ実践ガイド
そのレスキューの使い方,大丈夫?
(伊勢 雄也/片山 志郎/鈴木 規仁/岡村 由美子)

巻頭言

 手術前に患者が服用中の薬剤を確認することはとても重要な業務である.また,近年は手術を受ける患者の高齢化が進み,中には多数の薬剤が一包化され細かい内容を十分に覚えていない方もおられるため,個々の薬剤について,経口摂取が可能になれば再開するという通常の対応でよいもの,休薬が必要なもの,継続が必要なものの区別を行い,薬剤指導を行うことも必要とされている.本号では,特に術前に休薬が必要となる薬剤を中心に注意すべき点を特集した.
基礎理論においては,わが国のガイドラインや添付文書,海外のガイドラインなど,根拠となる文献・情報をできるだけ引用して,多くの診療科に共通する術前休薬の基本についてまとめた.
 各診療科の項では,基本的な休薬の方針をどのように実地臨床で行っているか,また,各診療科に特有のリスクや休薬の方針,休薬の期間などについて記載していただいた.これらは,文献や情報のない領域の内容となるため,執筆していただいた先生には無理なお願いをお引き受けいただき,非常に感謝している.おかげで,日頃知ることが難しい細かなさじ加減まで知ることができたのではないかと考えている.
 抗凝固薬や抗血小板薬については新しい知見も報告されており,標準とされる休薬の方針も今後は変わっていくと思われるので,本特集を,現時点での知見の再確認に使用していただくと同時に,新しい情報にキャッチアップしていく際の手引きとして使用していただければ幸いである.

畑 啓昭
国立病院機構 京都医療センター 外科

次号予告

2017年12月 Vol.68 No.13
透析患者の感染症
― 適切に対応できるチカラを身につける ―