バックナンバー

「薬局」2017年6月 Vol.68 No.7

在庫状況:在庫あり

2017年6月 Vol.68 No.7
慢性心不全
チームに貢献できる力を身につける

定価:2,160円(本体2,000円+税8%)

特集の目次

■特集にあたって(佐藤 幸人)

■押さえておきたい慢性心不全のキホン!
・慢性心不全の現状と課題(井手 友美 ほか)
・慢性心不全の病態生理と臨床像(加藤 貴雄)
・心不全におけるバイオマーカーの考え方とその限界(岩永 善高)

■慢性心不全の薬物治療戦略! 治療のゴールとその手段!
・HFrEF(猪又 孝元)
・HFpEF(髙橋 甚彌 ほか)

■慢性心不全でβ遮断薬をいかに使いこなせばよいか?!
・HFrEFに対するβ遮断薬の至適用量設定(新田 大介 ほか)
・HFpEFに対するβ遮断薬の考え方と使い方(山本 一博)

■RAAS阻害薬の考え方・使い方とピットフォール! 徹底解説!
・ACE阻害薬,ARB(谷本 匡史 ほか)
・抗アルドステロン薬(佐藤 直樹)

■利尿薬の基礎と薬物治療における実践ポイント!
・利尿薬の薬理作用と利尿薬抵抗性のメカニズム(瀬田 公一 ほか)
・急性非代償性心不全へのループ利尿薬の使い方(末永 祐哉)
・抗バソプレシン薬トルバプタンの追加・切り替えのポイント(桑原 宏一郎)

■“地域”と“チーム”で支える慢性心不全!
・心不全チーム医療の実践(佐藤 幸人)
・心不全チーム医療における薬学的管理の実践ポイント(高井 靖)
・地域とチームで支える慢性心不全の包括的ケア(田中 宏和 ほか)
・心不全末期患者の緩和ケア(大石 醒悟)

シリーズ

■緩和ケアでの問題解決力を磨く! 薬剤師のための5ステップ実践ガイド
肝転移のある末期癌患者のオピオイドスイッチング,どう行えばいいの?
(伊勢 雄也/片山 志郎/鈴木 規仁/岡村 由美子)

■プロフェッショナルEYE 専門薬剤師からみた勘所
CKD患者の痛みをコントロールせよ!
(三星 知 稲月 幸範)

■薬立つブレイクスルー! メディカル・レコード書き方講座
指導記録を書く上でのピットフォール
(寺沢 匡史)

■Dr. ヤンデルの言葉のネタ帳 ~“病院ことば”の,じっくり,例えば,結局は~
塩を送りながら生きるということ~Note 3. 「進行がん」を言い換える~
(市原 真)

■医療マンダラ ~思考と感性のセンスを磨く~
習慣は第二の天性なり:何事も初めは「小さな一歩」から!
~「生活習慣病」の「習慣」とは? そして「習慣」をいかに改善するか?~
(中野 重行)

■医療従事者のギモンや困ったに答える! 特許のキホン
(黒田 薫)

■「治療」「薬局」合同連載 ポリファーマシー “処方整理力”を鍛える!
おまえはなぜ使われているのだ……??
(矢吹 拓)

巻頭言

欧米での心不全多職種チーム医療の検討は古く,20年以上前から検討が行われている.そのメンバー,介入方法,介入場所などは各施設によりすべて異なっており,それぞれの施設に見合った介入法を検討することになる.患者の介入内容は薬剤指導や生活指導を中心に,学会から提唱されている心不全疾病管理プログラムを参考に行う.多職種介入の評価法としては,ガイドライン遵守率の上昇,入院回避効果,QOL改善効果,医療費削減効果などがよく検討されている.
 
一方,わが国では最近になって心不全多職種チーム医療の概念と実践が普及してきたが,世界でも類をみない超高齢社会を迎えつつある.そのような状況の中,高齢者の慢性心不全は医学的な問題だけでなく,家族への肉体的,経済的負担を含め,社会問題となってきている.独居,低収入などの社会的背景が本質的な問題となる症例が多いことも高齢者心不全の特徴で,多職種で検討し介入点を探ることが必要である.

 これらの現状を受けて,2016年に発表された『脳卒中と循環器病克服5ヵ年計画』では,社会的な方向性として,病院はチーム医療で早期退院を目指し,在宅ではチーム医療で入院を回避することが示された.また,厚生労働省の指導する緩和ケアでは心不全を含む方向性が示され,日本心不全学会ガイドライン委員会では『高齢心不全患者の治療に関するステートメント』中の「終末期医療の指針」において,アドバンスケアプランニングと緩和ケアについての提唱が行われた.
 
以前より心不全多職種チーム医療には患者指導役として病院薬剤師の参加が求められていたが,今後,病院薬局と保険薬局との連携や,終末期心不全の緩和ケアにおける適切な薬剤使用のアドバイスなど薬剤師がメンバーとして果たすべき新たな課題も多い.本特集では,心不全チーム医療に必要な薬剤の基本的知識から,最新の高齢化社会を鑑みた社会的方向性までを網羅するようにした.本特集を参考に,各施設での心不全チーム医療の取り組みがさらに発展することを願う.

佐藤 幸人

兵庫県立尼崎総合医療センター 循環器内科 部長