次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2017年9月 Vol.68 No.10
再考!服薬アドヒアランス

定価:2,160円(本体2,000円+税8%)

特集の目次

■特集にあたって(大井 一弥)

■服薬アドヒアランスのキホン!考え方と評価・対処法!
・服薬アドヒアランスの考え方と評価法(櫻井 秀彦)
・服薬アドヒアランスに影響する要因とその対処法(恩田 光子)

■なぜ服薬アドヒアランスは向上・維持しなければならないのか?!
・残薬が及ぼす医療保険財政への影響と薬剤師の貢献(益山 光一)
・服薬アドヒアランスと患者アウトカム(青島 周一)

■こんなときどうすればいいの?服薬アドヒアランスQ&A!
・大量の残薬があるとき,“きちんと服薬してもらう”のか“Deprescribingの提案”かの判断のポイントは?(木村 丈司)
・認知症・食欲不振・嚥下機能低下があるとき,それぞれどう対応すればいい?(溝神 文博)
・指導してもなかなか服薬アドヒアランスがよくならないときにはどうアプローチすればいい?(後藤 惠子)

■ハイリスク薬の服薬ノンアドヒアランス!薬剤師介入の具体的な道筋!
・抗がん薬(林 稔展)
・血糖降下薬(岡田 浩)
・抗血栓薬(入江 利行)
・抗不整脈薬・ジギタリス製剤(高井 靖)
・抗てんかん薬(山本 吉章)
・抗うつ薬(桑原 秀徳)

■薬を飲み過ぎ?コントロール不良?“過剰なアドヒアランス”の考え方と対応!
・ベンゾジアゼピン受容体アゴニスト(髙橋 結花)
・鎮痛薬(山室 蕗子)
・下剤(奥野 昌宏)

■これからの医療を大きく変えるICT(情報通信技術)の最前線!
・薬剤師によるICT(情報通信技術)の活用による服薬支援(秋山 昌之)
・モバイルヘルスの最前線と今後の展望(佐竹 晃太)
・製薬企業によるIoTへの取り組みと課題(杉浦 一輝)

予告

 服薬アドヒアランスの向上・維持は,医療における重要な課題の一つです.これまでさまざまな取り組みがなされており,介入による効果が示されているものの,この問題はいまだ解決に至っていません.近年,医療分野におけるICT(情報通信技術)が急速に発展しており,今後,患者の服薬状況等を把握しやすくなり,また飲み忘れなどの頻度も減少することが予想されます.服薬状況等の患者情報を得て,服薬アドヒアランスが低い患者については向上・維持を目指して介入していくことになりますが,例えば,薬剤の副作用が原因の緊急入院の大半は,潜在的に不適切な薬剤(PIM)などによるものでなく,意図的ではない血糖降下薬や抗血栓薬の使用によるものという報告があるように,アドヒアランスを上げる際には上げ方に十分な注意が必要です.また,過剰なアドヒアランス(hyper-adherence)も重要で,乱用・依存やコントロール不良なども考慮しながら,対応する必要があります.
 そこで本特集では,服薬アドヒアランスにスポットを当て,さまざまなシーンにおいて薬剤師が具体的にどのように考え対応すればよいか,さらに今後の医療を大きく変えるICTの最前線について解説いたします.