次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2017年12月 Vol.68 No.13
透析患者の感染症
適切に対応できるチカラを身につける

定価:2,160円(本体2,000円+税8%)

特集の目次

■特集にあたって(木村 健)

■わが国における透析の現状と感染症のリスク・インパクト
(龍華 章裕/志水 英明)

■感染症を疑い、鑑別診断する“ワザ”と“知恵”
・感染症を見逃さない! 透析患者におけるバイタルサインのチェックポイント(徳田 安春)
・透析患者における感染症診療の思考ロジック(上原 由紀)

■透析患者における感染症予防・治療戦略のエッセンス!
・敗血症(大野 博司)
・肺炎(松永 和人/枝国 信貴)
・インフルエンザ(藤田 次郎/砂川 智子)
・結核(中野 恭幸/大澤 真)
・腹膜透析に関連する感染症(森澤 雄司/秋根 大)
・Clostridioides difficile腸炎(大西 健児/佐原 利典)

■透析患者への投与設計で押さえておきたいポイント!
・透析患者における薬物動態を考慮した投与設計の考え方(山本 武人)
・透析患者への投与設計に関する情報源とピットフォール(小泉 祐一)
・透析患者における薬物動態シミュレーションの実際(尾田 一貴)

■いかに実践するか!? 透析患者における抗微生物薬の薬学的管理!
・抗菌薬(高橋 佳子)
・抗真菌薬(松元 一明)
・抗ウイルス薬(田中 亮裕)

予告

 わが国における慢性透析患者数は増加の一途を辿っています。日本透析学会『2015年末の慢性透析患者に関する基礎集計』によると、2015年に透析を導入した患者の死因は感染症が最も多いとされており、透析患者における感染症の予防・治療は重要な課題の一つと言えます。さらに、高齢化が進み在宅医療が拡大していく中で、病棟・患者居宅などのシーンにおいて、さまざまな医療従事者が感染症を見過ごすことなく、治療につなげることも肝要です。感染症治療においては、適切な抗微生物薬を選択し使用する必要がありますが、腎臓は重要な薬物消失経路であるため、透析患者においては特に用法・用量や中毒性副作用の発現などに注意が必要になります。
 そこで今回、“透析患者の感染症”にスポットを当て、透析患者における感染症のリスク、感染症を疑い、鑑別診断するためのノウハウ、透析患者でみられる死亡リスクが高い感染症の予防・治療戦略、処方支援や副作用モニタリングなどの薬学的管理の基礎と実践ポイントについて解説いたします。