次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2018年1月 Vol.69 No.1
Evidence Update 2018
最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する

定価:2,160円(本体2,000円+税8%)

特集の目次

■特集にあたって(名郷 直樹)

■2017年論文ベストテン(名郷 直樹)

■エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート!
・降圧薬(小原 拓)
・抗不整脈薬(梶間 勇樹,高井 靖)
・心不全治療薬(高井 靖,梶間 勇樹)
・虚血性心疾患治療薬(和田 恭一)
・抗血栓薬(入江 利行)
・気管支喘息治療薬(坂野 昌志)
・慢性閉塞性肺疾患治療薬(宮崎 雅之)
・消化性潰瘍治療薬(米田 博輝)
・肝炎治療薬(原田 大/北村 正樹)
・糖尿病治療薬(青島 周一)
・脂質異常症治療薬(青島 周一)
・高尿酸血症治療薬(三宅 健文)
・統合失調症治療薬(桑原 秀徳)
・うつ病・睡眠障害治療薬(桑原 秀徳)
・抗てんかん薬(森 美穂/山本 吉章)
・認知症治療薬(福士 元春)
・鎮痛薬(神林 祐子)
・抗リウマチ薬(永幡 研/萩野 昇)
・骨粗鬆症治療薬(南郷 栄秀)
・抗菌薬(門村 将太)
・抗ウイルス薬(矢倉 裕輝)
・抗真菌薬(山田 和範)
・ワクチン(福士 元春)
・肺癌治療薬(林 稔展)
・胃癌治療薬(岩井 美奈/吉村 知哲)
・大腸癌治療薬(藤井 宏典/飯原 大稔)
・前立腺癌治療薬(川上 和宜)
・膵臓癌治療薬(篠原 旭)
・乳癌治療薬(橋詰 淳哉/山口 健太郎)
・子宮癌・卵巣癌治療薬(佐藤 淳也/篠 道弘)
・悪性リンパ腫治療薬(中島 寿久/小井土 啓一)

予告

 臨床試験等のさまざまな情報は,薬物治療を行う上で有用なツールとなります.しかしながら,医療従事者が常にアンテナを張り巡らせ,最新の情報をキャッチアップするのは,多忙な日常においては容易なことではありません.
 これまで本誌では,5回にわたり最新のエビデンスをアップデートする特集を,名郷直樹先生をはじめとした先生方にご尽力いただき,刊行してまいりました.サブタイトルにあるように,EBMの実践においては「最新のエビデンスを付加的に利用する」ことが肝要です.本年も昨年と同様に,それぞれの領域のエキスパートが2017年に発表された論文の中から重要と考えるものを厳選し,これまでの報告と,それにどのようなエビデンスが付け加えられたかを解説いたします.