次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2018年6月 Vol.69 No.7
訪日外国人数増加と輸入感染症
外国人患者対応のエッセンス

定価:2,160円(本体2,000円+税8%)

特集の目次

■特集にあたって(大曲 貴夫)

■海外感染症の流行状況と訪日外客数増加による輸入感染症リスク(横塚 由美)

■感染症を見逃さない・対応するための知識とノウハウ
・侵襲性細菌感染症(福島 慎二)
・蚊媒介感染症(加藤 康幸)
・細菌性腸管感染症(馳 亮太)
・麻疹・風疹・水痘・ムンプス(山元 佳)
・インフルエンザ・中東呼吸器症候群・結核(高崎 仁)
・性感染症(大路 剛)

■しっかり押さえておきたい外国人患者での感染症治療の留意点
・外国人患者に対する感染症治療のポイントとピットフォール(忽那 賢志)
・外国人患者において薬物動態を考える際の留意点(浜田 幸宏/木村 利美)

■外国人患者対応の実践ポイント
・トラブルを回避するための外国人患者対応の勘所(堀 成美)
・外国人患者への服薬支援(増田 純一/桒原 健)

予告

 日本政府観光局によると、訪日外国人数は2013年に初めて1000万人を突破し、2016年にはおよそ2400万人、本年はそれ以上の数になるとされるなど、近年急激に増加しています。さらに、2020年には東京オリンピック・ パラリンピックが開催される予定であり、政府は2020年における訪日外国人数の計画目標を4000万人とするなど、大幅な増加が予想されています。
 一方で、訪日外国人数の増加に伴い感染症に特に注意が必要であり、わが国の喫緊の課題の一つとなっています。一方、輸入感染症の診療の上の障壁の一つは「患者が外国人であることが多い」ことです。外国人診療の充実も重要な課題です。
 そこで今回、訪日外客数増加と輸入感染症にスポットをあて、輸入感染症診療の実践から外国人患者応対のポイントついて、解説致します。