次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2018年9月 Vol.69 No.10
生活機能低下高齢者のマネジメント
リハビリテーション薬剤管理のススメ

定価:2,160円(本体2,000円+税8%)

特集の目次

■特集にあたって(若林 秀隆)

■リハビリテーションと栄養管理・薬剤管理併用の重要性(若林 秀隆)

■ココがポイント!生活機能低下の気づきとアセスメント
・生活機能低下を見逃さない“気づき”のポイント(藤原 大)
・高齢者における生活機能の評価法とその活用(前田 圭介)

■薬物有害事象・処方カスケードに気づき・対応するための勘所!
・フレイル高齢者の薬理学的特徴とPIMs(林 宏行)
・老年症候群と処方カスケード:deprescribingの実践ポイント(樋島 学)

■この症状・症候は薬剤性?何を考え,どう対応するか?!
・摂食嚥下障害(藤本 篤士)
・排尿障害(鈴木 康之)
・排便障害(高野 正太)
・サルコペニア(吉村 芳弘)
・関節痛・関節炎(髙橋 良)
・高次脳機能障害(高畠 英昭)
・末梢神経障害(上田 昌美)
・パーキンソン症候群(野﨑 園子)
・心不全(鈴木 規雄)

予告

 超高齢社会を迎えたわが国においては、フレイルやサルコペニアといった老年症候群などにより生活機能が低下した高齢者が増加し、重要な課題の一つになっています。急性期、回復期、生活期でのリハビリテーション、栄養療法、薬物療法は、これに対応するための3つの大きな柱となり、互いに関連し合いながら実施される必要があります。
 これまで、リハビリテーションと栄養管理の相互関係については多くの書籍等で示されている一方で、薬剤管理での関連についてはあまり議論がなされていないのが現状です。リハビリテーションを受けている患者の薬物療法だけでなく、薬物有害作用による生活機能低下が疑われるときに薬物療法はどうするか、被疑薬を治療上に理由で中止できないときにはリハビリテーションはどうするか、など、リハビリテーションと薬物療法との双方向からの視点が肝要です。
 そこで本特集では、生活機能が低下した高齢者での薬剤管理とリハビリテーションをいかに関連させながら考えればよいか、実践すればよいか、について、わが国を代表する第一線でご活躍の先生方にご解説いただきます。