次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2018年10月 Vol.69 No.11
CKD-MBDのリン管理
栄養・薬物療法の実践力を身につける

定価:2,160円(本体2,000円+税8%)

特集の目次

■特集にあたって(安藤 亮一)

■要点整理!リン恒常性維持機構とCKD-MBDの病態生理
・生体内でのリン恒常性維持機構(宮本 賢一)
・CKD-MBDの病態生理とリン管理の重要性(深川 雅史,石出 崇)

■CKD-MBDにおける検査値の見方・考え方と最新の治療戦略(濱野 高行,土井 洋平)

■リン制限が必要なCKD-MBD患者への食事・栄養管理
・リン摂取量の評価と食事指導のポイント(市川 和子)
・経腸栄養管理の実践ポイント(安藤 亮一)
・静脈栄養管理の実践ポイント(加藤 明彦)

■リン吸着薬・カルシウム受容体作動薬・ビタミンD製剤を使いこなす! プロが教える“知識”と“ノウハウ”
・沈降炭酸カルシウム(永野 伸郎)
・セベラマー・ビキサロマー(角田 隆俊)
・炭酸ランタン(山本 脩人,重松 隆)
・クエン酸第二鉄・スクロオキシ水酸化鉄(小岩 文彦)
・シナカルセト・エテルカルセチド・エボカルセト(横山 啓太郎)
・活性型ビタミンD製剤(庄司 哲雄)

■ここが勘所! リン吸着薬の薬学的管理の実践ポイント
・リン吸着薬で注意すべき薬物有害事象と薬物相互作用(三宅 健文)
・医薬品・サプリメント中の無機リン含量とその考え方(下石 和樹,安楽 誠,丸山 徹)
・服薬アドヒアランスを考慮したリン吸着薬の患者指導のポイント(三星 知)

予告

 慢性腎臓病(CKD)に伴う骨・ミネラル代謝異常(CKD-MBD)は、血管石灰化を介して心血管イベントや生命予後に重大な影響を及ぼします。加齢は腎機能に直接的あるいは間接的に関連しますが、今やCKD患者数はわが国の成人人口の約13%にも上り、CKDとそれに伴うCKD-MBDは超高齢社会を迎えたわが国において重要な課題の一つと言えます。CKD-MBDでは、腎機能低下によるリン負荷の増大と、それによる線維芽細胞増殖因子23の上昇がトリガーとなり、進行してミネラル代謝調節機構が破綻することで高リン血症や低カルシウム血症などを来すとされ、食事・栄養管理によるリン管理、さらにはリン吸着薬、カルシウム受容体作動薬、活性型ビタミンD製剤によるリン管理をベースとした薬物治療が行われます。実際にこれらを実践する際には、食事療法では食品表示されていない添加物などの無機リン量をどう考えるか、わが国で急増しているサルコペニア・フレイルなどの併存疾患のある患者ではどうするか、薬物治療では新薬をどう使いこなすか、用量の選択幅が大きいこれら薬剤を具体的にどの患者にどの用量を用いればよいか、有害事象やポリファーマシーを考慮してどう服薬アドヒアランスを向上させるかなど、さまざまな状況に即した知識・対応力が求められます。
 そこで今回、CKD-MBDのリン管理における基礎知識と実践ポイントについて解説いたします。