次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2018年11月 Vol.69 No.12
慢性運動器疼痛
整形外科のペインマネジメント徹底解説

定価:2,160円(本体2,000円+税8%)

特集の目次

■特集にあたって(三木 健司)

■慢性運動器疼痛の病態と治療薬の選び方・使い方(三木 健司)

■慢性運動器疼痛治療薬を使いこなす匙加減の極意!
・侵害受容性疼痛(池本 竜則)
・神経障害性疼痛(川 元敬)
・非器質的疼痛(細井 昌子)

■治療戦略と薬物治療の位置づけ!痛みの場所ごとに徹底解説!
・脊椎・脊髄(渡邉 和之,矢吹 省司)
・肩・肘関節(岩堀 裕介)
・手関節(岩月 克之)
・股・膝関節(谷口 亘)
・足関節(山口 智志)

■ピットフォールに要注意!併存疾患を考慮したマネジメントの勘所!
・心不全患者における慢性運動器疼痛治療(池田 安宏)
・慢性腎臓病患者における慢性運動器疼痛治療(國津 侑貴,寺田 智祐)
・抗血栓薬服用患者における慢性運動器疼痛治療(井坂 由佳,神林 泰行)
・うつ・睡眠障害患者における慢性運動器疼痛治療(中川 貴之)

■慢性運動器疼痛治療における薬学管理の実践ポイント!
・慢性運動器疼痛治療薬の副作用マネジメント(神崎 浩孝)
・慢性運動器疼痛治療薬の薬物動態学的特徴と薬物相互作用マネジメント(百 賢二)
・高齢慢性運動器疼痛患者における薬学管理の実践ポイント(杉田 直哉)

予告

2017年の厚生労働省の発表によると、2016年のわが国の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳で過去最高となりました。しかし、健康寿命との差はいまだ9〜12年程度あり、健康寿命を延ばして介護を必要とする期間を短くすることが求められています。関節疾患は要介護・要支援の代表的な原因であり、この予防・治療はわが国の重要なテーマの一つと言えます。慢性運動器疼痛治療においては、この10年でプレガバリン、デュロキセチンやブプレノルフィン・トラマドールなどのオピオイド製剤が使用可能となり、ペインマネジメント戦略は大きく変わりました。慢性運動器疼痛の病態や治療戦略に加え、これら薬剤の薬剤特性や使い方、さらに運動療法などの非薬物療法の重要性を十分理解した上で、患者支援を行う必要があります。そこで本特集では、慢性運動器疼痛におけるペインマネジメントの実践ポイントについて解説いたします。