次号予告

「薬局」2019年3月 Vol.70 No.3

在庫状況:在庫あり

2019年3月 Vol.70 No.3
脳梗塞
最新の薬物治療戦略と実践ポイント総まとめ

定価:2,160円(本体2,000円+税8%)

特集の目次

■特集にあたって(橋本 洋一郎)

■脳梗塞の成因・病型分類と診断手順(橋本 洋一郎)

■最新のエビデンスに基づいた脳梗塞の薬物治療戦略
・心原性脳塞栓症(矢坂 正弘)
・アテローム血栓性脳梗塞(阿南 悠平,藤本 茂)
・ラクナ梗塞(西山 和利,長島 誠)
・塞栓源不明の脳塞栓症(ESUS)(熊本 将也,豊田 一則)

■徹底解説! 脳梗塞への抗血栓療法Q&A
・血栓溶解療法と血管内治療をいかに考え実践するか?(大久保 誠二)
・抗凝固薬の中和薬はどのような場合に使うか?(長谷川 泰弘)
・抗血小板薬2剤併用療法はどの患者にどの組み合わせを用いるのか?不応/過反応性にはどう対応するのか?(遠藤 英樹)
・患者背景からDOACをいかに使い分けるか?(平野 照之)
・抗血栓療法中の脳梗塞患者の出血イベントにいかに対応すればよいか?(野川 茂)
・脳梗塞の既往がある抗血栓薬使用患者での周術期管理をいかに行うか?(中島 誠)
・抗血栓薬で注意すべき薬物相互作用は何か?
(大野 能之,白根 達彦)
・脳梗塞後に片麻痺、摂食嚥下障害などの服薬障害のある患者でいかに服薬支援するか?(倉田 なおみ)

■患者背景を考慮した脳梗塞急性期から慢性期までの血圧・血糖・脂質マネジメント
・脳梗塞患者の血圧マネジメント(棚橋 紀夫)
・脳梗塞患者の血糖マネジメント(卜部 貴夫)
・脳梗塞患者の脂質マネジメント(細見 直永,志賀 裕二)

■脳梗塞合併症に対応する“ワザ”と“知恵”
・静脈血栓塞栓症(三村 秀毅,井口 保之)
・感染症(前 繁文)
・てんかん(川上 治)
・うつ病(木村 真人,下田 健吾)

予告

 最新の統計調査によると、脳卒中は、わが国の死因の第3位であり、要介護となる原因の第2位(要介護5の第1位)となっています。このように脳卒中は、死因としてだけでなく、平均寿命と健康寿命の差を考える上でも重要な疾患です。脳卒中の中で最も多いのが脳梗塞ですが、その予防・治療に関するエビデンスは次々にアップデートされています。これらを多忙な中でキャッチアップしながら、目の前の患者さんの診療につなげることが医療従事者には求められます。
 そこで今回は、脳梗塞の薬物治療にスポットをあて、最新のエビデンスをいかに考え実践すればよいか、さらに実践する上でどのような点に注意が必要かについて解説いたします。