次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2019年5月 Vol.70 No.6
オピオイド誘発性便秘症
QOLを向上させるための対応力を身につける

定価:2,160円(本体2,000円+税8%)

特集の目次

■特集にあたって(森田 達也)

■オピオイド誘発性便秘症の診断と治療(大坂 巌)

■オピオイド誘発性便秘症の発症と便秘治療薬の薬理作用とメカニズム(鈴木 勉)

■オピオイド誘発性便秘症における治療薬の選び方と使い方
・経口便秘治療薬(余宮 きのみ)
・外用便秘治療薬(鈴木 直人,田上 恵太)
・漢方薬(大前 隆仁)

■オピオイド誘発性便秘症における非薬物療法の実践ポイント(清水 正樹,里見 絵理子)

■コントロール不良な便秘に対する予防/対応の“ワザ”と“知恵”
・オピオイド・鎮痛補助薬(今井 堅吾)
・抗がん薬・制吐薬(西 智弘)
・抗うつ薬・抗精神病薬(小川 朝生)

■オピオイド誘発性便秘症における薬学的管理の実践ポイント
・便秘治療薬の副作用と薬物相互作用マネジメント(百 賢二)
・オピオイド誘発性便秘症における患者指導・支援の勘所(沖﨑 歩)

予告

 がん患者では直接的あるいは二次的な影響など、さまざまな要因が複合的に影響することで便秘が生じます。さらに、がん疼痛治療の主役であるオピオイドでは、およそ半数の患者に便秘が生じ、オピオイド誘発性便秘症(OIC)と呼ばれています。OICの20〜30%では、便通を改善させるためにオピオイドの減量や中止がなされ、これはがん疼痛の悪化に関連するとされています。このように、便秘を来しやすい背景のあるがん患者において、OICのマネジメントは患者のQOLを向上させる上で重要なテーマの一つと言えます。
 近年、わが国では便秘治療薬が次々に上市され、あらたなステージを迎えています。そこで今回はオピオイド誘発性便秘症にスポットをあて、OICに関する基礎から実践まで解説いたします。