次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2020年9月 Vol.71 No.10
貧血
最新の薬物治療戦略と実践ポイント

定価:2,200円(本体2,000円+税10%)

特集の目次

■特集にあたって(張替 秀郎)

■要点整理!貧血の病態・検査の勘所
・貧血の分類・成因と留意すべき患者背景(張替 秀郎)
・貧血の初期症状を見逃さないチェックポイント(亀岡 淳一)
・貧血における検査値の診方・考え方(岡田 定)

■貧血の薬物治療戦略!どの薬剤をいつ・どの患者に・どう使う?!
・鉄欠乏性貧血(川端 浩)
・巨赤芽球性貧血(藤原 亨)
・腎性貧血(西 慎一)
・溶血性貧血(亀崎 豊実)
・再生不良性貧血(中尾 眞二)
・骨髄異形成症候群(宮﨑 泰司)
・赤芽球癆(藤島 直仁)

■鉄剤を使いこなす“知識”と“ノウハウ”!
・小児(新生児を含む)で鉄剤をいかに使うか?留意点は?(植田 高弘)
・妊婦で鉄剤をいかに使うか?留意点は?(杉村 基)
・鉄剤で留意すべき副作用・相互作用は?(眞野 成康)

■こんなときどうする?プロが教える実践ポイントQ&A!
・がん化学療法に伴う貧血にはどう対応すればよいか?(加藤 淳二)
・心不全と腎不全を合併する貧血をいかに治療するか?骨・ミネラル代謝異常もある場合はどうするか?(斎藤 能彦)
・薬剤性貧血の原因となる薬剤は?薬剤性貧血であるかの見極めはどう行うか?(本村 小百合)
・HIF-PH阻害薬はどの患者にどう使う?留意点は?(南学 正臣)
・鉄過剰ときにはどう対応するか?鉄キレート剤はどの患者にどう使う?(鈴木 隆浩)

■個々の患者にあわせた貧血患者の栄養管理・指導(岡本 智子)

予告

 貧血は血液中のへのグロビン濃度が低下した状態を指します。貧血を呈する疾患は多岐にわたり、最も頻度が高いのが鉄欠乏性貧血ですが、超高齢社会を迎えたわが国では、慢性腎臓病やがん、骨髄異形成症候群などが増加しており、これらは貧血と関連するため、今後ますます貧血治療は重要になると考えられます。さらに近年、さまざまな貧血治療薬が上市されており、貧血の薬物治療は新たな展開を迎えています。そこで本特集では、貧血にスポットをあて、薬物治療戦略の最前線と実践ポイントについて、解説いたします。