次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2020年10月 Vol.71 No.11
骨粗鬆症
最新の知見に基づいた治療薬の考え方・使い方

定価:2,200円(本体2,000円+税10%)

特集の目次

■特集にあたって(田中 良哉)

■骨粗鬆症治療の過去・現在・未来(福本 誠二)

■骨粗鬆症治療の長期戦略と各種治療薬の位置づけ(竹内 靖博)

■徹底解説! 治療薬を使いこなす“知識”と“ノウハウ”
・カルシウム・活性型ビタミンD3(窪田 拓生 ほか)
・選択的エストロゲン受容体モジュレーター(寺内 公一)
・ビスホスホネート(井上 玲子 ほか)
・抗RANKL抗体(山内 美香 ほか)
・副甲状腺ホルモン・PTHrPアナログ(田中健一 ほか)
・抗スクレロスチン抗体(松本 俊夫)

■薬剤性骨粗鬆症に対するマネジメントの勘所
・ステロイド性骨粗鬆症(田中 郁子)
・がん治療に伴う骨粗鬆症(中村 信元 ほか)

■合併症・併存症をもつ骨粗鬆症患者における予防・治療の実践ポイント
・関節リウマチ×骨粗鬆症(中野 和久)
・慢性腎臓病×骨粗鬆症(中川 洋佑、深川 雅史)
・糖尿病×骨粗鬆症(稲葉 雅章)
・慢性閉塞性肺疾患×骨粗鬆症(巽 浩一郎)
・サルコペニア×骨粗鬆症(小川 純人)

■骨粗鬆症治療の継続性とアドヒアランス不良患者への対応(鈴木 敦詞)

■骨粗鬆症治療における医療経済評価(森脇 健介)

予告

 わが国の骨粗鬆症患者数は約1500万人と推定されており、骨粗鬆症とそれに伴う脆弱性骨折、さらに要介護の患者数は増加の一途を辿っています。近年、骨粗鬆症においても治療目標に向けた治療ストラテジー(treat to target)が提唱され、さらに新規薬効成分や剤形、バイオシミラー等の新たな薬剤も登場しています。国内外で多くの検討・議論がなされていますが、エビデンスが不十分であるなどの課題も多く残されています。そこで今回は、骨粗鬆症の薬物療法にスポットをあて、最新の知見に基づいて治療薬をいかに考え使いこなしていけばよいか、その基礎と実践ポイントについて、解説いたします。