次号予告

「薬局」2020年11月 Vol.71 No.12

在庫状況:在庫あり

2020年11月 Vol.71 No.12
免疫チェックポイント阻害薬
押さえておきたい知識とスキル

定価:2,200円(本体2,000円+税10%)

特集の目次

■特集にあたって(鈴木 賢一)

■免疫チェックポイント阻害薬の基礎知識(牧野 好倫)

■免疫チェックポイント阻害薬の抗腫瘍効果と免疫関連有害事象のメカニズム(山口 央,各務 博)

■免疫チェックポイント阻害薬の薬物動態・薬力学特性とpersonalized therapyへの展開(濱田 哲暢)

■免疫チェックポイント阻害薬の相互作用(鈴木 賢一)

■免疫関連有害事象マネジメントの実践ポイントQ&A
・免疫関連有害事象を見逃さないためのモニタリングのポイントは?(土屋 雅美)
・免疫関連有害事象かどうかはどう判断すればよい?(東 加奈子)
・免疫関連有害事象にどう対応する?支持療法のポイントは?(吉野 真樹)
・"免疫関連有害事象にチームとしてどう取り組めばよい?-九州大学病院チームICIにおけるirAE対策・標準化の取り組みとその成果-" (池田 宗彦,渡邊 裕之)
・免疫関連有害事象で投与中止した後のがん薬物療法はどう行う?(玉木 慎也)

■免疫チェックポイント阻害薬の医療技術評価(池田 俊也)

予告

 従来の抗がん薬に比べて長期生存効果を示す免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の登場は、がん薬物療法に新たな潮流をもたらしました。現在、わが国ではICIとして6製剤が承認されており、適応拡大やLAG-3などのPD-1/PD-L1・CTLA-4以外の分子をダーゲットにした医薬品開発、治療効果を予測しうるバイオマーカーの臨床開発が活発に行われています。さらに、ICIについては、自己免疫の活性化による免疫関連有害事象(irAE)への対応の重要性も広く認知されるようになっています。しかし、いまだ情報が不足しているなど不明な点も少なくありません。そこで今回は、ICIにスポットをあて、最新の知見に基づいてICIをいかに考え使いこなしていけばよいか、irAEにいかに対応すればよいか、その基礎と実践ポイントについて、解説いたします。