次号予告

この商品の画像はありません

在庫状況:在庫あり

2021年2月 Vol.72 No.2
心不全の緩和ケア
チーム医療で求められる実践力を身につける

定価:2,200円(本体2,000円+税10%)

特集の目次

■特集にあたって(高井 靖)

■心不全患者に対する緩和ケアの現状と課題(佐藤 幸人)

■心不全緩和ケアにおける意思決定支援と倫理的葛藤(鳥崎 哲平 ほか)

■心不全緩和ケアで求められるコミュニケーションスキル(高井 靖)

■心不全/心外併存症治療薬について考えたいこと・できること
・心不全患者の心外併存症と随伴症状(大石 醒悟)
・治療抵抗性心不全における治療薬見直しの勘所(柴田 龍宏)
・心不全および心外併存症治療薬の薬物有害事象と処方カスケード(高井 靖)
・心不全患者における服薬アドヒアランス悪化の要因と向上・維持に向けたアプローチ(芦川 直也)

■心不全の身体的・精神的苦痛に用いる薬剤の実践マネジメント
・オピオイド(寺崎 展幸)
・鎮痛薬・鎮痛補助薬(工藤 浩史)
・抗不安薬・抗うつ薬(原田 桂作)
・漢方薬(志方 敏幸)

■悩ましい症例にどう立ち向かうか?! 押さえておきたい勘所
・カテコラミン離脱困難(土岐 真路)
・食欲不振/悪液質(櫻下 弘志)
・体液貯留(梶間 勇樹)

■薬剤師に求められる役割は何か? どう実践するか?
・心不全チームにおける薬剤師の役割(前田 朱香)
・心臓リハビリと在宅に向けた地域連携における薬剤師の役割(吉国 健司)
・在宅ケアにおける薬剤師の役割(中村 薫)

予告

 現在,わが国の死因の第2位は心疾患であり,その内訳として最も多い心不全の患者数は約100万人とされています.心不全の有病率は80歳から急速に増加するため,超高齢社会を迎えたわが国では心不全患者数が今後さらに増加するとされており,2030年には130万人に達すると推定されています.2018年に改訂された『急性・慢性心不全ガイドライン』では,心不全の治療目標の中に緩和ケア・終末期ケアの推奨が盛り込まれ,さらに同年の診療報酬改定では緩和ケアの適応疾患に末期心不全が加わったように,心不全患者に対する緩和ケアのニーズは近年ますます高まっています.そこで今回,心不全の緩和ケアにスポットをあて,心不全緩和ケアの基礎知識と実践ポイントについて解説いたします.